FC2ブログ

【あなたの幸せがペットの幸せ*。☆】 Caramel 気取り

猫たちと石たちと♪

≫ EDIT

腎不全ですけど、何か? 【多発性嚢胞腎 @ 奏】

こんばんは、ひのです。

本日は、奏の多発性嚢胞腎について。

入院前の奏
入院前の日光浴♪

たみのブログでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

今年の2月22日に、奏が腎不全で入院しました。

入院中
入院中、トイレにゴロすりする奏先生・・・

2月の12日から急に食欲が落ちまして。

腎臓の状態が良くないのかな・・・? と疑いながら、普段より多く水を飲ませつつ様子見。

食欲の方が微妙に出たりなくなったり(でも、ほぼ食べない)を繰り返しつつも、尿毒症の雰囲気はなく。

しかし、口臭が気になる感じで、22日に病院へ行くと・・・


BUN 140 オーバー ・・・・orz

そりゃ、食欲もないわな・・・

寧ろ、よくそれで毛艶も落ちずに、食欲以外普通に過ごせていたよ、アナタ・・・(^-^;

先生からは2日くらいは様子を見れると言われたものの、そのまま入院と相成り。

約1週間、点滴を入れまくって頂いて、なんとかBUNが100を切り・・・・80台くらいまでは下がってた・・・??? ←

28日に退院。

退院後は食欲もそこそこ戻り。

自宅での補液の方法も教えて頂き、奮闘の日々。

退院後のごはんタイム♪
ご飯処にまで来たり。


1食分をペロっと平らげたりするコトも(*^^*)

とはいえ、補液の効果が切れ始めると、食欲は減退。 ⇒ 補液後復活 を繰り返していました。


退院後の2週間は数値をキープしていたのですが、次の通院では上昇傾向。

しかし、それでも補液後は食欲が戻る状態が続いていました。

補液の量も増やしていたのですが・・・・10日に補液をした翌日も、食欲戻らず。

12日が通院日だったのですが、やはり、再び BUN 140オーバー。


これはもう想定内だったので、先生に補液を毎日にする事を提案し、量を検討して頂きました。


4年半前に、奏も多発性嚢胞腎である事が分かった時。

「このコの方が重症ですね・・・」

と言われていましたし、あの時点で、嚢胞も大きく、数も多かった。

2017年11月 に 「始まっちゃったカンジですね・・・」 と腎不全に移行して、1年半。


正直、あの状態からよく今まで、変わりない生活を続けて来られたなぁと思います。


この病気は、個体差が物凄く大きいです。

同じ病気である東は、昨年11月の腫瘍の方での定期健診時に肺転移を疑われ。

1ヶ月後の再診の際に、嚢胞腎の方は4年前と然程状態は変わっていないとの事でした。
因みに、肺転移も疑いのまま・・・(^-^;


嚢胞腎のコの中には、腎不全にならないまま天寿を全うするコもいますし。

逆に、腎不全に移行した後、瞬く間に虹の橋へ向かうコもいます。


嚢胞が大きくなるスピードと増殖のスピードが全く読めません。

腎臓が悪くなるというより、嚢胞によって腎臓の細胞が押し潰されて失われていくので、通常の腎不全とも全く違います。
 ※ 治療は腎不全と基本は同じです


現在の奏の腎臓は、エコーで見る限り、ほぼ嚢胞で、正常な細胞は殆どありません。

嚢胞によって腎肥大も起きています。

・・・・でも、本にゃんが毛艶がよくて、表情も良くてご機嫌ならそれで良し♪ と思って過ごしています^^


闘おうとか抗おうとか、そういう気はありません。

諦めてもないです♪

病気であろうとなかろうと奏は奏であり、どっちであっても好きな気持ちに変わりはないです。


勿論、治ってくれたら嬉しいです。

奏に限らず、東も七海も。

でも、現在の獣医療では、嚢胞腎も網膜萎縮症も病気そのものの治療法はなく、進行を抑える事も出来ません。

だから、「治らない = 悪い」 (「治る = 良い」) としてしまうと、「不治の病に罹患 = 悪い」 になってしまいます。

また、何でこんな病気に・・・と病気そのものに対しての憎む気持ちもありません。

↑2つのエネルギーは、責めるエネルギーとして、本にゃんに向かいます。

飼い主の想いだけではなく、本にゃんが 「こんな病気に罹ってしまった自分が悪い」 という自分を責めるエネルギー にも変換されることがままあります。

東も奏も七海も、そして私たちも、こと病気に関しては何1つ悪いコトはしていません。

だから、責めるエネルギーを持たないと決めています。

治ってくれるなら嬉しいし、その為ならいくらでも頑張りますが、治してやろうという風には思っていません。


奏と東に関しては、このスタンスで過ごしてきて良かったと思っております(*^^*)
なっちゃんも多分・・・(=^・^=)


あなたを素敵にサポートする キラキラ☆ アクセサリー♪

P* G* Stone ~*オルゴナイト&ブレスレット*~
メモリーオイル・スプレーも販売中♪



P* G* Stone @ minne
『P* G* Stone @ minne』 では初期作品セール開催中です☆



◆ 無料メールマガジン 《Precious Garden * 憩いのお便り》 ◆
↑ 登録はコチラから♪


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪



ランキング参加中です♪
ポチして頂けると励みになります^^
にほんブログ村 《ベンガル猫》 へ♪
にほんブログ村ランキング*。☆


Mix猫ランキング
人気ブログランキング♪


アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、セラピストとして活動中です(=^・^=)

いつも、ポチ、いいね、拍手有り難うございます^^

| 多発性嚢胞腎 | 17:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

通院日和~♪ 【多発性嚢胞腎 @ 奏】

こんばんは。

ご無沙汰しております、ひのです^^

退職して。

職探しして。

8月1日より派遣で働き始め。

9月は体調を崩し。
(仕事は頑張り、週末静養状態)

10月は2年ぶりのVコンにうきうき♪

そんなこんなで、本日やっと!

延びに延びていた、お猫様の通院を決行!

先陣を切るは、長女、奏!


3年前、東の軟部組織肉腫で通院していた時に発覚した、先天性多発性嚢胞腎。

同腹兄妹である奏も、同じ病気でした。

しかも、「このコの方が、重症です」 。

なので、恐らく、嚢胞腎の進行が早いのは奏。

そして、腎不全への移行も奏の方が早いだろうとも。

最近、腎臓近辺がリアルに大きくなっているような気がして。

エネルギー的にもちょっと重たい。

しかし、多飲多尿の傾向は特になく。

ちっこも気になる程には薄くない。

元々吐くのは他のコより多めだけど、最近少し増えた。

そんなカンジで、嚢胞腎が進行しているのは間違いないかな~と思っておりました。


自宅採尿、病院採尿共に、尿比重的にはそれ程悪くない。

しかし、どちらにも潜血アリ。

膀胱炎か腎臓からの出血か・・・・は確定出来ず。

但し、去年などの膀胱炎の時よりは膀胱の状態は良く。

以前気になっていると言われていた膀胱内の出っ張り(?)も無くなっていました。
↑すっかり忘れてた(^-^;


そんなこんなで油断していたら、血液検査の結果で、BUNとクレアチニンが見事に規定値越え(^-^;

ちょっとオーバーというレベルではなく、

「始まっちゃった感じですね・・・」

と先生。


普通、腎不全は尿比重に反映される方が早いんです。

血液検査に出るのは、腎機能の70%が失われてから、という風に記憶していましたし。

「このコはちょっと特殊ですね」

ですよね・・・・!!


今の所、元気も食欲も普通にアリ。

今日頂いた腎臓用の療法食も普通に食べました。

・・・・寧ろ、美味しそうに食べてました(^-^;

なので、療法食に切り替えつつ。

サプリメントなども考えて。

ヒーリングを併用していこうと思います☆


奏、今日はハッスルしちゃいました♪
猫部屋で1人ハッスルした直後の奏

帰ってきた後はご機嫌さんで、その後エラいアクティブで。

腎不全始まってても何でもいいや~と思える程、奏は奏でした(*^^*)


あなたを素敵にサポートする キラキラ☆ アクセサリー♪

P* G* Stone ~*オルゴナイト&ブレスレット*~
メモリーオイル・スプレーも販売中♪



P* G* Stone @ minne
『P* G* Stone @ minne』 では初期作品セール開催中です☆



◆ 無料メールマガジン 《Precious Garden * 憩いのお便り》 ◆
↑ 登録はコチラから♪


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪



ランキング参加中です♪
ポチして頂けると励みになります^^
にほんブログ村 《ベンガル猫》 へ♪
にほんブログ村ランキング*。☆


Mix猫ランキング
人気ブログランキング♪


アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、セラピストとして活動中です(=^・^=)

いつも、ポチ、いいね、拍手有り難うございます^^

| 多発性嚢胞腎 | 22:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1000頭に1頭 * 猫の多発性腎嚢胞 * 【病の愛し方】

こんばんは、猫大好き猫オタ・ヒーラーのひのです^^

久々にヒーラー名乗ってみました(てへ)。


さて、奏の腎嚢胞が発覚し、東よりも重いというお話から、腎嚢胞について改めて調べてみました。
・・・・・東の時は軟部組織肉腫の方がインパクトが大きかったもので(^-^;

先生の説明でもあったんですが、主にペルシャ(及びチンチラ)に多いと言われる病気 です。

現在では、アメリカンショートヘア、スコティッシュフォールド、雑種でも確認されているとの事。

腎臓内に嚢胞(液体が入った袋)が増殖していく病気で、嚢胞そのものの肥大化、個数の増大により 正常な腎細胞が押し潰される事により、腎不全を引き起こす 病気です。

ゆっくりと進行する事が多く、7歳 ~ 10歳で腎不全として発覚するケースが多い ようです。

1000頭に1頭の発症率と言われています。

発症率を見るとそんなに多くはないのかも? という感じなのですが。

この病気は、常染色体優性遺伝

つまり、この病気の遺伝子を持っていると確実に発症する病気です。

両親の内一方が遺伝子を持っていた場合、遺伝率は 50% ~ 100%

ウチの東と奏の場合、母猫は野良ちゃんだった可能性が高いです。

が、もし、ブリーダーさんから購入されたコが発症した場合は、ブリーダーさんに必ず連絡して下さい。

両親猫の遺伝子を検査して頂くか、検査せずにどちらも繁殖を止めるか、という判断が必要になるかと思います。

ウチのコたちも 「ペルシャだったら遺伝子検査したい所なんですけどね・・・」 と言われました。

10ヶ月齢以降だと超音波検査で95%嚢胞の有無が分かるそうです。

この病気での腎機能の低下は3歳ぐらいから見られる事が多いと言われていますが、猫の場合、腎機能の低下と言っても、血液検査で腎臓の値(クレアチニン、BUN)が上がるのは、機能の75%が失われてから

なので、多発性腎嚢胞かどうかを調べるのはエコーで調べるのが1番だと思います。

とはいえ、10歳以上の猫の 30% ~ 40% は、慢性腎臓病に罹患しているとも言われていますので、多発性腎嚢胞ではなくても腎臓病になる確率はとても高いと言えます。

腎臓の機能は1度失われると元には戻りません。
猫に限らず人も犬も同じです

根治治療ではなく、進行を如何に遅らせるか、になります。


1度失われると元には戻らない。

結構インパクトのある言葉ですよね。

なので、腎臓の数値に悪化が見られると、絶望的な気持ちになられる飼い主さんも多いかと思います。

でも、医療はどんどん進化していますので、有用なサプリメントなどもあります。

腎不全と診断されてからも長生きする猫さんも沢山います。

因みに、元気・食欲がある内は、腎不全ではなく腎臓病に分類されるそうです。


東の多発性腎嚢胞が分かった時、私たちはそれ程ショックではありませんでした。

《長生きしてもらう分、腎臓を患う可能性は高い》

と始めから思っていたからです。

でも、2年前に軟部組織肉腫と共に発覚してからずっと、腎臓のエコーや血液検査も続けている東。

再発の兆し無し。

腎臓の数値及び、嚢胞にもほぼほぼ変化も無し。


センダンαは続けていますが、Dフラクションはお休み中で、です。


私たちが病気にフォーカスしていない事。

ヒーリングを続けている事。


少なくとも東に対しては、この2点、有効だと実感しています。

薬の効果、サプリメントの効果にも個体差があるように。

ヒーリングの効き目に関しても個体差はあります。

今後の奏の経過がどうなるかはまだ未知数ですが、しっかりやりたいと思います(*^^)v

奇跡の男、A・ZU・MA☆
1000頭に1頭と言われる病気を2つ発症しながら元気に生きる男・東♪

ワクチン誘発性繊維肉腫は 1000頭に1頭 ~ 10000頭に1頭と言われていますが、10年以上前のアメリカのデータで、実際の発症率はもっと高いのでは、と言われています。


◆ 無料メールマガジン 《Precious Garden * 憩いのお便り》 ◆
↑ 登録はコチラから♪


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪


ランキング参加中です☆
応援ポチして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 《引き寄せの法則》 へ♪
にほんブログ村ランキング♪


人気ブログランキング
人気ブログランキング♪



アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、セラピストとして活動中です♪

| 多発性嚢胞腎 | 22:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「有益な情報を有り難うございます」 * 愛猫が病気になった時

こんばんは、石好き石オタ、猫好き猫オタのひのです^^

本日、血尿発症の奏、再診に行って参りました^^

本当は昨日の予定だったのですが、奏に腎嚢胞があるという事で、東がお世話になっている T先生がいる今日を選びました。

血尿に関しては昨夜からぐっと良くなり、今朝のちっこでは見た目では全くピンクっぽさはありませんでした。

が。

抗生剤が合わずに、軟便に・・・・(^-^;

お世話になっている病院ではお薬名がない状態で出されるので(訊けば教えて下さいますが)、名前は分からないのですが。

出して頂いたオレンジの抗生剤、ウチのコたち軟便 ~ 下痢になるケースが高いのです。

昨日の昼間から軟便が始まり、下痢に近い状態になっていたので、頻尿なのかお腹痛いのか判別出来ない状態に・・・・(^-^;

それを先生にお伝えして、

・ 抗生剤を変える

・ 抗生剤をやめてみる

という提案が出されて。

「でも、細菌性の膀胱炎の場合、抗生剤でないと治らないです。なので、抗生剤は続けたいんですが・・・・変えるとしても、次に変えようと思う方が軟便になりやすい薬なんですよね・・・・」

と悩まれる先生。

「東なんですけれども、去勢手術の時に、やはりこのオレンジの抗生剤で軟便になってしまって抗生剤を変えて頂いて。その後、大丈夫でした」

とお伝えしたら、猛烈に東のカルテをめくって下さいまして。

「あ! 手術(軟部組織肉腫)の時、青い抗生剤出してますね。それは大丈夫でしたか?」

「大丈夫でした」

「良かったです。実は成分は同じなんですが、製薬会社が違うんです。成分は同じなのに会社が違うだけで軟便になるならないの差があるとは聞いているので・・・・。有益な情報有り難うございます」

抗生剤、成分の違う薬にするのはあまり良くないそうなので、そういう意味でも良い結果に。

勿論、同腹兄妹とはいえ、体質には個体差があるので、軟便が続く可能性もあるにはあるのですが・・・・。

でも、奏の場合、避妊手術の時に同じオレンジの抗生剤を飲んでも軟便にならなかったくらいなので、青い方なら大丈夫なんじゃないかな、と。

因みに、真生は仔猫の時にオレンジの方で、軟便 ⇒ 下痢 ⇒ 大腸炎 に発展しました(^-^;


※ 追記です

こういった薬に対する反応は、なるべく記憶して(もしくはメモを取っておいて持っていって)、その場でお伝えすると良いです。

特に血縁関係のある動物さんの場合、遺伝的に体質が似ている事も充分ありますので、当人でなくても手掛かりになります。

薬の名前が分からなくても色や形状をお伝えすればカルテに載っていますので、担当の獣医さんが変わっても対処してもらいやすいです。



今回、尿検査は殆ど溜まっていなかったのとせっかく出血が収まっていので見送りまして。

その代わり、肝臓の方に嚢胞が無いかエコーで診て頂きました。

肝臓は大丈夫だそうです(*^^)v

但し、腎嚢胞は東より酷いらしく、

「将来的には腎臓が悪くなっていくと思います・・・・」

との事でした。


(・・・・・いや、最近の家庭猫の罹患する病気 第1位は腎不全だから・・・・!)

猫の場合、ルーツが砂漠なので、機能的に腎不全になりやすいです。

長生きすればする程、間違いなく罹る病気だろうと思っています。

だからこそ、水分摂取量が多くなるように頑張ったりとか。

リンが少ないフードを選ぶとか、日常的にある程度の対策はしていますし。

東の嚢胞が分かった後は、東と奏には腎臓系のケアフードも混ぜています。

その上で、少し早めに腎機能が落ちるのであれば、それはそれで致し方ないというか。

それはもう個体差というか、個性の一環です。

嚢胞があろうとも腎臓は腎臓、腎不全になろうとも奏は奏。


腎臓・肝臓・甲状腺のいずれかには罹るもの。

なるべく罹らないようにという工夫をしながら。

罹ったとしても、その後如何に上手に付き合えるか、だと思うのです。


めりこみ奏
早くヒーリングして下さい♪

了解です(*^^)v


◆ 無料メールマガジン 《Precious Garden * 憩いのお便り》 ◆
↑ 登録はコチラから♪


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪


ランキング参加中です☆
応援ポチして頂けると励みになります♪
ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキング♪


人気ブログランキング
人気ブログランキング♪



アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、セラピストとして活動中です♪

| 多発性嚢胞腎 | 22:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |