Caramel 気取り * オーラを輝かせて Happy ライフ♪

アニマルコミュニケーターと猫たちと石たちの日々。

≫ EDIT

リスクを負う覚悟 * 猫のワクチン誘発性肉腫

こんばんは、オーラセラピストのひのです^^

昨日、ちょっと衝撃的な画像を載せましたけれども。

人によってはグロいというカテゴリに入ってしまうかもしれませんが、今日も載せます。
(苦手な方はスルーして下さいませ)


術痕

これは、紛う事なき、ワクチンの副反応(副作用)の一種 です。

発症率は、1万頭 ~ 2万頭に1頭とか、1,000頭に1頭と言われていますが、実際の発症率はもう少し高いのでは・・・とも言われています。

発症率としては、確かに稀なんだと思いますし、接種しているワクチンによっても、かなり変わってきます。

いずれにしても、

1万頭に1頭であっても可能性は決してゼロにはならない事。

打つ回数が増えれば、リスクが高まる事。

自分のコが発症した時、1万頭に1頭という発症率は全く関係ない事。


この事を、猫と暮らし、ご自分の猫さんの健康を思ってワクチンを打っている飼い主さんに知ってほしい。


誤解しないで頂きたいのは、「ワクチンは怖いから止めましょう」 という話ではありません。

メリットの方が多いからこそ、接種するという選択が、家族として当たり前になってきているんだと思います。

仔猫やシニア猫、持病のあるコにとってはパルボ(猫汎白血球減少症)は命取りになる事もあります。

喩え完全室内外でも、人間の靴や衣服について持ち込んでしまう事もあります。

だからこそ接種する、という選択でも良いのです。

逆に、ワクチン誘発性肉腫の方が嫌だから接種しない、というのも有りです。


そしてもう1つ。

万が一 ワクチン誘発性繊維肉腫に罹患した場合、最初の治療が肝心 なんです。

かかりつけの先生が、症例を診た事があるか。

治療経験があるか。

これによって、診断そのものが違ってしまうケースもあります。

望ましいのは、腫瘍科認定(可能であればⅠ種)の先生の居る病院で診てもらう事


それ程多くはありませんが、この病気の闘病記を綴られているブログさんもあります。

再発率が如何に高いか。

最初の治療で適切に切除出来るかどうかで、その後がどれ程違うのか。

FIPと同じくらい、飼い主を絶望へと追いやる力を持っています。

けれど、最初に適切に切除出来れば、寛解も可能です。

但し、脚や尾に接種していた場合は、断尾、断脚という選択になる事。

東のように肩甲骨間の場合は、より技術が必要になる事。

その上での、寛解・根治です。


決して他人事ではなく、この病気は存在する。

ワクチンを接種する場合は、その可能性を知った上で接種してほしいんです。

知っているのと知っていないのでは、恐らく発症した時の結果が全く違ってきます。

また、接種時にこの病気のリスク説明をしてくれる病院に通う事も大切だと思います。


ワクチン接種には、『する・しない』 のどちらにも、メリット・デメリットが存在します。

1人でも多くの飼い主さんに、その事を知って頂き、その上で選択してほしい。


それが今の私の望みです。

術後服でも明るい顔
2年前の11月13日。ほぼ普通の生活を送り始めていた東

現在、元気もりもり♪
現在の東


◆ 無料メールマガジン 《Precious Garden * 憩いのお便り》 ◆
↑ 登録はコチラから♪


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪


ランキング参加中です☆
応援ポチして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 引き寄せの法則
にほんブログ村ランキング♪


人気ブログランキングへ♪
人気ブログランキング♪


アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、セラピストとして活動中です♪

| 軟部組織肉腫 | 22:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

生命の強さの証明

こんばんは、オーラセラピストの ひの です^^

アニマルコミュニケーションもヒーリングも、オーラが基本!で習って参りました。

真生が主なきっかけで習い始めた、この世界。

2011年9月にたみがアニマルコミュニケーションカレッジに4期生として入学し。

2012年4月に一緒にヒーリングカレッジに6期生として入りました。

中々思うようにリーディングや解析が出来ず、学べば学ぶほど、自信が持てなくなっていた時期もありました。

それが大きく変わるきっかけは、東でした。

目もキラキラ♪
こちらは本日、撮れたてほやほやの長男猫・東♪


何度も書いていますが、2014年10月に肩甲骨間に発見したしこり

それが、悪性腫瘍、それも 当時の私たちの知識では発症すれば1年生存率が絶望的と言われる ワクチン誘発性繊維肉腫の可能性が濃厚だと分かりました

治療の過程で、腫瘍科専門の先生に、「現在では手術だけでも根治率が 90%はあります」 と仰って頂き、その希望の光のお蔭で、現在を迎えられています。

この時の話は、

* 東が教えてくれたこと

* 軟部組織肉腫

で色々語ってきました。

今回は、 「百聞は一見に如かず」 という事で、2年前の今日の画像を初めて載せます

2年前の東
広範囲を毛刈りされています。

上から @ 2014年11月12日
第2 ~ 第4棘突起を削っている為、かなり陥没しています。

毛の流れも、後ろではなく、背骨に向けて流れているのが分かるかと思います。

これは、広背筋の一部を背骨の方に繋げ、前肢を地面の方に向ける為の再建手術による為です。
(この手術をしないと、トラの毛皮のような前肢が左右に広がった状態になってしまうそうです)

手術を受けたのが、10月30日。

退院したのが、11月2日。

傷口の状態の確認や、自分で術後服を器用に脱いでしまったりしていた東ですが。

あずころん♪
術後服姿 (退院した2014年11月2日の東)


12日になるまで、術後服を脱いだ姿を写真に撮る事が出来ませんでした。


再建手術をしても歩行障害が出るかもしれない。

高い所から降りられないかもしれない。

元々の筋肉や皮膚と違う部分を接合している為、巧くつかないかもしれない。



そういった可能性も手術の前にきちんとして下さっていました。

日々、どうなるか分からないという不安も少しはありましたし。

何より、見た目的にとても可哀想だったので、撮る事が出来なかったんです。

でも。

日々、綺麗にくっついていく皮膚の状態。

歩行どころか高い所へもずんずん行く姿に、不安は消えていきました。


病気だけじゃなく、そういった身体能力の面でも、この子の強さを信じよう。

そう思いました。

今日の東 @ 2016年11月12日
じゃらしに手を伸ばす東 @ 今日

ここ最近、毎日遊んでます。

1歳になる前と同じくらい、ハッスルしてます(笑)。

実は、今日は、昨日遊び過ぎて、やる気はあるもののあまり食いついてくれていなかったり・・・
↑ これは東だけじゃなく全にゃんそうでした・・・・(^-^;


生命の強さ。

3.8kgの小さな体で体現してくれた東に、いつも勇気を貰っています^^


◆ 無料メールマガジン 《Precious Garden * 憩いのお便り》 ◆
↑ 登録はコチラから♪


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪


ランキング参加中です☆
応援ポチして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 引き寄せの法則
にほんブログ村ランキング♪


人気ブログランキングへ♪
人気ブログランキング♪


アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、セラピストとして活動中です♪

| 東が教えてくれたこと。 | 22:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あの日の君と、今の君 * キャミックから2年

おはようございます、ひのです^^

『あの日の君と~』 というタイトルは過去何度かつけていますが。

仔猫時代との比較だったり。

家に来たばかりの時を振り返ったり・・・とある程度、はっきり 【今昔】 の差が分かる記事が多かったかと思います。

今回は、割と近い2年前の東の話。

今まで何度も書いてきましたが、2年前の10月に東は 軟部組織肉腫 である事が分かりました。

獣医さんでも中々確定診断が難しく、明言はされていませんが、出来た箇所などを含め、ワクチン誘発性の肉腫の可能性がとても高いです。

細胞診やトゥルーカット生検の結果から、炎症反応と肉腫の反応がある事から腫瘍科の先生にも診て頂き。

CTとMRIを専門とする キャミック練馬 にてCTを撮って頂きました。
(獣医師紹介での予約のみ。一般予約は受け付けていません)


「悪性腫瘍である事には間違いないので」

サラッと告げられた説明に、一瞬思考が停止したのを今でも覚えています。

でも、特に告げ難そうな響きもなく、今までの経験から疑いようがないという意思。

そのお蔭で、逆に冷静になれた部分もありました。

悲観している場合じゃない。

どう対処するかを決める為に、今ここに居るのだから。


とても丁寧な説明の中、

「骨と接しているんですが、骨が溶けるなどしていなくて、骨は凄く綺麗です」

という言葉に、希望が持てました。

浸潤性が高いと言われるこの病気ですが、これならまだ大丈夫だ、と。

 ※ 詳しくは、 【注射部位肉腫:CT ~ 切除手術】 をご覧下さい


* 2014年10月26日 *
2年前の東とベンガルズ
キャミック受診前の日付が変わったばかりの東(奥)とベンガルズ

* 現在(2016年10月26日)*
今年の東
ほぼほぼ同じ位置がお気に入り(笑)

東が夜にこの辺りで寝始めると、冬が近い秋だな~と思います。

が、しかし!

2年前と違う事があります。

それは・・・・

ハッスルしてますぉ!
よく遊んでいる事♪
(昨日も、ベッドの上をじゃらし追い掛けて走り回っておりました / 笑)

思えば、2年前は全く遊んでいませんでした。

普通に、もう大人になったのね・・・と思っていました。

1歳未満はやんちゃだった東ですが、1歳越えてからはダンディズムに目覚め(?)。

週に1、2度くらいになり。

2、3週間に1度くらいになり。

月単位になり。

遊ばない事が普通になっていました。

その時点から病気が始まっていたかは分かりません。

ただ、明らかに。

2歳の頃よりも遊んでる・・・・!!

いつも元気が落ちる夏なのに。

ダイニングのマットを変えてから、やっはー続き。

お腹空いた~と朝は目覚まし前に起こすし。

なんと、体重が手術前と同じ、3.8kg台に・・・・!!

術後は回復してからも、3.6 ~ 3.7kg台だったんです。

背中の筋肉をかなり取っているので、これよりは増えないのかもな~と思っていたのに。

まさか元に戻るとは・・・・!!

太った訳ではないので、マッチョ感がアップしてます♪

命の底力って凄いです。

秋からはココだよね♪
毎日楽しいですぉ♪


◆ 無料メールマガジン 《Precious Garden * 憩いのお便り》 ◆
↑ 登録はコチラから♪


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪


ランキング参加中です☆
応援ポチして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 引き寄せの法則
にほんブログ村ランキング♪


人気ブログランキングへ♪
人気ブログランキング♪


アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、セラピストとして活動中です♪

| 東が教えてくれたこと。 | 09:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラブセンありがとう♪

こんにちは。

まだまだひっそり(?)、Vオタのひのです^^

ラブセン、最終日のお仕事♪
昨日、ラブセン終了1時間半前のワタクシの携帯画面

『ラブセン ~ V6とヒミツの恋 ~』 というゲームのお仕事が終わった時の画面です。

結果が良いと 《Excellent》、悪いと 《Good》 になります。


2013年10月23日からスタートした携帯ゲーム。

ワタクシ、ゲーマーですが、携帯ゲームは一切手を出していませんでした。

携帯機(PSP、DS、Vita)も持ってますが、絶対移動には持ち歩きません。
↑家でひとりで楽しみたい派

ひとりで楽しみたいからオンラインプレイも嫌。

それがまさか、ピンポイントで ブイさんとの恋愛ゲーム配信!

飛びついたかと思いきや、登録したまま1年放置・・・・!!

どう考えても課金しないと面白さ減る仕様だろうし。

ワタクシ、そこそこ乙女ゲー(恋愛系シミュレーションゲーム)もやっているのです。

なので、ネオロマとかオトメイトさんのソフトとかの方が、絶対ボリュームがあって面白いって思いましたしね。

登録したっきり完全放置、ログインすらしないという(^-^;
↑ ラブセンやるなら積みゲーやれってレベル


そんなワタクシが、一転してラブセンをやり始めたのが、2014年10月。

1周年記念のアバターを無料で配信しますよ~というお知らせメールがきっかけでした。

別に無料アバターが欲しかった訳ではなくて。

2年前の東と七海
2014年10月22日、ちょうど2年前の東(椅子の上)と七海。

にっこり東
東の肩甲骨間のしこりが軟部組織肉腫である可能性が限りなく高いと分かった時期で。

要は、悪い方へ行ってしまいそうな思考や感情をなんとか断ち切りたかったんです。

2014年はブイコンも無かった年でもあるので、そういう意味で画像とはいえ開けば彼らの顔が見られるっていうのも大きかったかな、と。

動物病院の待合室でもやってました。

2年前の今日は、トゥルーカット生検の結果が出た日。

どんどんどんどんワクチン誘発性肉腫(軟部組織肉腫)の可能性が高くなっていった時。

ヒーリングをして。

サプリメントを調べて、始めて。

それでも偶に不安に潰されそうになった時、

「あ、体力回復してるからお仕事しよう」

って携帯を開くだけで、取りあえず、そういったネガティブな思考や感情を物理的に断ち切ってくれました。


東と同じポーズの七海
下段の七海のアップ

肩甲骨間のしこり
上で使ったのと同じ画像の東。

○の部分、七海と比較すると盛り上がっているのが分かるかと思います。



結局その後もなんだかんだと続けて、イベントも楽しみながら、本編、続編、新本編も全員分クリア♪

唯一、何度かクリアを逃していたロシ様の続編の目処が立った時、ラブセン終了のアナウンスが出たんです。

遊び尽くした感はあったので、そろそろやめようとは思っていたんですよね。

なので、終わるのなら最後まで付き合うか、と。

昨日・一昨日は、坂本さん本編のラブセンガチャを回しまくってコレクションシートをコンプしました♪
↑何故か4枚とも揃ってなかった

ログインボーナスとか、イベントお疲れ様ボーナスとか、色々ガチャポイント貰う機会があって猛烈に溜まってたんです。

不必要に使わずに温存しておいたので、ここぞとばかりに使いました(笑)。


本来1年だけの予定だったそうで。

それが3年間も続いた事。

その内2年間楽しませて頂いた事に心から感謝します。


◆ 無料メールマガジン 《Precious Garden * 憩いのお便り》 ◆
↑ 登録はコチラから♪


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪


ランキング参加中です☆
応援ポチして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 《引き寄せの法則》 へ♪
にほんブログ村ランキング♪


人気ブログランキング
人気ブログランキング♪



アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、セラピストとして活動中です♪

| 思考の現実化 | 12:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

後悔しない選択 * 【病の愛し方】

こんばんは。

猫オタ・ヒーラーのひのです^^

待ち伏せ東
一昨日の運動会中の一コマ

・・・・・本人隠れてるつもりです(笑)

隠れているつもり
真面目にやってる所が可愛いです\(^o^)/

とうッ!
六花が来た所で飛び出し

なんだったんでちかね~
六花を置いて走り去りました(笑)

東の背中のしこりに気付いて、もうすぐ2年。

最も避けたかった、悪性腫瘍 《軟部組織肉腫》。

人間の判断で、ワクチンを打たないという選択で避けられる可能性が高くなる病気。

東の場合は、たった2回の不活化ワクチンで発症しました。

それも、接種後、4年経ってから。

ワクチンが有用な事は理解しています。

猫汎白血球減少症(FPL / パルボ)の恐ろしさも。

それでも、もう、東以外もワクチン接種はしないでおこうという風に思っています。

勿論、これが正しい判断という訳ではありません。

あくまで私たちにとって正しい選択、という事です。


どんなに低い確率でも、起こり得る。

私たちはそれを知っているだけでなく、体験しました。


ワクチンを不活化ではなく生ワクチンにしたいと言った時、

「ワクチン誘発性繊維肉腫ですね」

と直ぐに対応して下さったK先生をはじめ、レアながらも症例を見た事が何度かある院長先生。

腫瘍科のスペシャリストの先生がいらっしゃったからこそ、「今」 があります。

なので、ワクチンを打った後の後悔をもうしたくないんです。

逆に、ワクチンを打てば良かったという後悔は、たとえパルボに感染したとしてもしないです。

ただ、これはあくまで、私たちの選択。


ペットホテルに預ける機会が多い方は打たない訳にはいかないですし。

「ウチのコは絶対大丈夫! それより他の病気の対策をしたい」

でもOK!

「ワクチンが危険だ! 怖い!」 という事を言いたい訳ではないのです。

そうではなく、もし自分のコの身に起こった際に、後悔するのかしないのか。

そこを感じて欲しいんです。


私たちは、外科的手術は選びましたが、その後のパーセンテージを上げる為の放射線治療と抗ガン剤治療は選びませんでした。

センダンαとヒーリングを選び、その選択には後悔はありません。

・・・・・と言っても、放射線と抗ガン剤に関しては、「しない」 と決めた直後は、

「やっていれば良かったかな」

って思う日が来るかもしれない・・・・と私個人はゆらいだ部分があります。
(たみはゆらいでなかったですが / 笑)

でも、偶々手術が10月末で、その後の経過観察があったりで、放射線を始めるにしても年明けになってしまう可能性が高いという状況で。

年が明けるまでの間の回復力が物凄かったんです。

こんな良い状態なのに、健康な細胞にダメージを与えちゃダメだ、と。

放射線も、抗ガン剤も、病に対して 「攻撃」 する治療です。

他の健全な細胞がどうしても巻き込まれます。

そこを考えて、この先どうなっても、「しない」 という選択を後悔しないと決めました。


勿論、腫瘍の出来た場所などによって、化学療法が良い場合もあります。

ケースバイケースです。


ただ、ワクチン接種由来の軟部組織肉腫は、決して夢物語ではありません。

お住いの地域の動物病院さんによっては、全く症例を診た事がない獣医さんもまだまだ多いのではないかと思います。

だからこそ、そのリスクに対しての説明が常になされるように、と願っています。



◆ 無料メールマガジン 《Precious Garden * 憩いのお便り》 ◆
↑ 登録はコチラから♪


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪


ランキング参加中です☆
応援ポチして頂けると励みになります♪
ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキング♪


人気ブログランキング
人気ブログランキング♪



アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、セラピストとして活動中です♪

| 健やかでいよう | 23:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT