FC2ブログ

【あなたの幸せがペットの幸せ*。☆】 Caramel 気取り

猫たちと石たちと♪

≫ EDIT

後悔しない選択 * 【病の愛し方】

こんばんは。

猫オタ・ヒーラーのひのです^^

待ち伏せ東
一昨日の運動会中の一コマ

・・・・・本人隠れてるつもりです(笑)

隠れているつもり
真面目にやってる所が可愛いです\(^o^)/

とうッ!
六花が来た所で飛び出し

なんだったんでちかね~
六花を置いて走り去りました(笑)

東の背中のしこりに気付いて、もうすぐ2年。

最も避けたかった、悪性腫瘍 《軟部組織肉腫》。

人間の判断で、ワクチンを打たないという選択で避けられる可能性が高くなる病気。

東の場合は、たった2回の不活化ワクチンで発症しました。

それも、接種後、4年経ってから。

ワクチンが有用な事は理解しています。

猫汎白血球減少症(FPL / パルボ)の恐ろしさも。

それでも、もう、東以外もワクチン接種はしないでおこうという風に思っています。

勿論、これが正しい判断という訳ではありません。

あくまで私たちにとって正しい選択、という事です。


どんなに低い確率でも、起こり得る。

私たちはそれを知っているだけでなく、体験しました。


ワクチンを不活化ではなく生ワクチンにしたいと言った時、

「ワクチン誘発性繊維肉腫ですね」

と直ぐに対応して下さったK先生をはじめ、レアながらも症例を見た事が何度かある院長先生。

腫瘍科のスペシャリストの先生がいらっしゃったからこそ、「今」 があります。

なので、ワクチンを打った後の後悔をもうしたくないんです。

逆に、ワクチンを打てば良かったという後悔は、たとえパルボに感染したとしてもしないです。

ただ、これはあくまで、私たちの選択。


ペットホテルに預ける機会が多い方は打たない訳にはいかないですし。

「ウチのコは絶対大丈夫! それより他の病気の対策をしたい」

でもOK!

「ワクチンが危険だ! 怖い!」 という事を言いたい訳ではないのです。

そうではなく、もし自分のコの身に起こった際に、後悔するのかしないのか。

そこを感じて欲しいんです。


私たちは、外科的手術は選びましたが、その後のパーセンテージを上げる為の放射線治療と抗ガン剤治療は選びませんでした。

センダンαとヒーリングを選び、その選択には後悔はありません。

・・・・・と言っても、放射線と抗ガン剤に関しては、「しない」 と決めた直後は、

「やっていれば良かったかな」

って思う日が来るかもしれない・・・・と私個人はゆらいだ部分があります。
(たみはゆらいでなかったですが / 笑)

でも、偶々手術が10月末で、その後の経過観察があったりで、放射線を始めるにしても年明けになってしまう可能性が高いという状況で。

年が明けるまでの間の回復力が物凄かったんです。

こんな良い状態なのに、健康な細胞にダメージを与えちゃダメだ、と。

放射線も、抗ガン剤も、病に対して 「攻撃」 する治療です。

他の健全な細胞がどうしても巻き込まれます。

そこを考えて、この先どうなっても、「しない」 という選択を後悔しないと決めました。


勿論、腫瘍の出来た場所などによって、化学療法が良い場合もあります。

ケースバイケースです。


ただ、ワクチン接種由来の軟部組織肉腫は、決して夢物語ではありません。

お住いの地域の動物病院さんによっては、全く症例を診た事がない獣医さんもまだまだ多いのではないかと思います。

だからこそ、そのリスクに対しての説明が常になされるように、と願っています。



◆ 無料メールマガジン 《Precious Garden * 憩いのお便り》 ◆
↑ 登録はコチラから♪


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪


ランキング参加中です☆
応援ポチして頂けると励みになります♪
ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキング♪


人気ブログランキング
人気ブログランキング♪



アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、セラピストとして活動中です♪

| 健やかでいよう | 23:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8歳の誕生日、おめでとう♪ * 我が家の初めての猫

本日、推定ではありますが・・・

160906_160102GF02P1580643.jpg
我が家の長男猫・東(あずま / 左)と 長女猫・奏(かな / 右)

8歳となりました~!!

160906_090426FX08P1000345.jpg
我が家に来た日、推定8ヶ月齢

乳飲み子の時に保護されているので、推定年齢はほぼほぼ正確なこの兄妹。

160906_090426FX08P1000341.jpg
初日から化け猫です(笑)。
↑ カメラのフラッシュの切り方が分からなくて余計に化け猫感アップ!

私たちにとっての初めての猫。

色んな事を教えてもらいました。

現在のこの2猫はというと・・・・

160906_160811GF01P1650551.jpg
ケダモノか(笑)!

これ、先月の11日の写真です。

ウチに来て2日目にマウンティングが見られたので、即、不妊手術の予約を入れ、手術の際に奏の妊娠が分かり、そのまま堕胎手術となりました。

その後も、東の奏好きは止まらず、この光景はもはや我が家の生活の一部となっていました。

が。

結構、奏がマジに怒るのもあり、出来れば止めて欲しい行為でもありました。

でも。

今は、この光景が見られる事が、本当に嬉しい。

というのは、一昨年の秋、東が軟部組織肉腫を発症した時。

実は、少なくともその半年ほど前から、このマウンティングが見られなくなっていたのです。

私たちは普通に、「東も漸く落ち着いたか~」 と歓迎していました。

しかし、手術を乗り越え、体力が回復した途端に復活(笑)!!

しなくなる事を歓迎していたが故に、いざそうなった時、その理由までは考えてなかった事・・・・否、考えようともしていなかった事に気付かされました。

今ではもう、健康バロメーターの1つとなっております^^


いつもしていた事をしなくなる。

好きだったものが嫌いになる。

そこには必ず理由があります。

勿論、それは体調が悪くなったとかそういう事だけじゃなく、本人が本当に成長した結果だったり、何か嫌な事が重なって嫌いになってしまったり、と様々です。

「アレ?」

と思った時、

「何で?」

と考えてあげられるのは、飼い主さんだけです。

その答えが1度で分からない時もあるかもしれません。

でも、「何で?」 と思わなければ、一生答えは分かりません。

だからどうか、この 「何で?」 と疑い、考えてあげて下さい^^


160906_160102GF01.jpg
にっこり茶白~ず

160906_160102GF03P1580653.jpg
仲良し茶白団子

今日という日を幸せに迎えられた事に感謝です♪

Happy Birthday、東 & 奏♪

ウチに来てくれて本当にありがとう^^


 ◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪


ランキング参加中です♪
ポチして頂けると励みになります^^
ブログ村ランキング にほんブログ村ランキング♪

人気ブログランキング 人気ブログランキング♪

アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、セラピストとして活動中です♪

いつも、ポチ、いいね、拍手有り難うございます^^

| Caramel latte | 23:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |