【あなたの幸せがペットの幸せ*。☆】 Caramel 気取り

猫たちと石たちと♪

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラージャ風の次は金さん風

昨日は、サロンオープンの記事を沢山の方に読んで頂いたり、ポチして頂いたり、本当に有難うございますm(__)m

アニマルコミュニケーションもヒーリングも大分世の中に浸透してきたとはいえ、まだまだ一般的には敷居が高いというか、胡散臭いというか・・・(笑)。

でも、西洋医学や、漢方だったりレメディだったり、色んな中から選択する。
或いは併用する事によって、より可能性が広がるのは間違いないと思っています。
実体験としてそう感じています。

藁をも縋るような思い、というのも体験して。
その上で、諦めずにやってきて。
同じような思いをされている方が、今もいらっしゃると思います。

勿論、確実に治せるとかそういった事ではありません。
どの程度効果が出るのかも、ケースバイケースになってきます。

ただそれでも、選択肢の1つになりたいと、今はそう強く思います。

・・・・・とまたもや真面目に語ってしまいました(笑)。

金さん風・東
俺みたいにひと肌脱ぐですぉ! @ 遠○の金さん風・東♪

東に負けないように、私たちも頑張るぞ~!
スポンサーサイト

| Happy * ペットライフ♪ | 17:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

《Precious Garden サロン》 を オープンします☆

またもやご無沙汰していましました(滝汗)。

2015年になり、1月も中旬に突入。
皆様、如何お過ごしでしょうか?

私たちは、タイトルにある通り、サロンオープンに向けて、てんやわんやしております(笑)。

昨年9月に師匠にご相談というか、サロンオープンについてのアドバイス等をして頂いて。
その時点で、2015年 2月3日にオープンすると良いというお話で。
準備期間的にはそこそこしっかり出来るかな~なんて思っていたのですが。

10月以降、東の病気の事があったりで中々そちらに向けて動く事が出来ず。
なんとか12月の中旬に物件を巡って、下旬にまた師匠にアドバイスを頂いて決めて。
今月4日に無事に契約となりました。

何をどう揃えようか、というのは凡そ決まっていたのですが。
オープン記念パーティーを、という師匠の鶴の一声に、頭の中真っ白・・・・

アニマルコミュニケーションは勿論、ヒーリングサロンとして、女性の為の癒しの場となれるように、というのが1つ。
そして、もう1つはブレスレットの販売の場にもしたい、というのがありまして。
こちらはショップとしてではなく、アトリエとして、ご予約制でお一組ずつお招きして、じっくりゆっくり見て頂くという形なんですが。
実際にお手に取って頂ける場を作りたい、という思いと。
マンションサロンなので、あまり人の出入りが激しくならないように、という条件的なもの。
そして、あくまで、アニマルカウンセリングやヒーリングと平行・併用してやっていけるように、という全ての事から、アトリエという形が最良かな、と思って考えました。

ヒーリングの場合は、お客様お一人でご予約頂きますが。
アニマルカウンセリングやアトリエに関しては、ご家族やご友人と一緒にお越し頂く事を念頭にしていたので、《最大3名様》 としてレイアウトを考えていました。

なので、10人前後をお呼びする、というお話に、何をどうして良いのやら・・・と半分パニックに・・・(^_^;)
契約に行く序に、もう1度内見させて頂いて、メジャー持って測りまくり(笑)。

結果的に、当初購入予定の物にいくつか追加、というカンジで何とかなりそう、という話に落ち着いたのが先週。
その後、先週末からの楽天さんのお買いものマラソンや、近所のスーパーの閉店セールなどを駆使して、大体のものを購入出来ました。
・・・・・自宅に届くもの、サロンに直接送れるものなど色々なので、再来週はまた自宅から色々運び入れたりで大変です(笑)。

ラージャー東
くさたち、楽しそうですぉ♪ @ 中東アジア系の王様風・東(笑)

ご飯準備中にいきなり現れて、私たち、笑い転げました。
多分、真生と一緒に暴れている内に服がズレてしまったんだと思いますが、ここまでネタ写真的になるとは・・・・(笑)。

「サロンをやろう!」 と決め、そのヴィジョンが具体的になった矢先に、発覚した東の病気。

これからどんな治療をしていくのか、とか。
東がどれだけ回復してくれるかなども不透明。

そしてそれ以上に、アニマルコミュニケーターとして、ヒーラーとしてやっていって良いのだろうか、という根本的な部分から問われた気がして。
サロンの話も白紙にする程、色んな事を考えた2ヶ月でした。

でも。
歩行障害や運動障害が出るかも、と言われていたのに、退院後1週間もしない内に、今までと同じように高い所へどんどん行く東の姿に勇気付けられました。

どう考えても、執刀して下さった先生方の腕が1番ですし。
D‐フラクションセンダンα も続けています。
それでも、ヒーリングの効果があるのか無いのか、と言ったら、「無い」とは言えない、と思います。
私たちはそれで良いと思っています。

何が効いているのか、が重要なのではなく。
そのコが元気になれる、楽になれる、というのが1番です。

同じような状況にある飼い主さんのお役に立ちたい。

その想いから、もう一度、サロンを開こう、という気持ちへ持っていく事が出来ました。

そしてアニマルカウンセリングだけではなく、人のヒーリングもしっかりやっていきたい、と思うようになりました。

お仕事を頑張っていらっしゃる方、ご家庭をしっかり守ってる方、そんな女性の方々に、日常からほんの少し離れ、リラックス&リフレッシュして頂ける場所になりたいと思っております。

手とエネルギーのみで行うヒーリングです。
体全体、気になる箇所を重点的に、など、お客様の状態に合わせて施術させて頂きますが、お体を触られる事が苦手な方にはハンドヒーリングで対応させて頂きます。
ヨガの世界でも手ヨガというのがありますが、部分即ち全身、という事で、手をヒーリングする事で、全身を緩めていくコースになります。

サロンのメニューや料金設定などはまた改めてご紹介させて頂きます☆

場所は、八王子駅 徒歩 7分、メガロス八王子の直ぐ近くです。
・・・・八王子駅から 5分 ~ 8分と、不動産屋さんによって表記のバラつきがあります (^_^;)

そして、1月31日(土)に、オープン記念のプチ・パーティーを開きます。
1Rで、調理スペースも無い為、ケータリングがメインとなりますが、宜しければ私たちとお話しにきてやって下さい。
お祝い等も無用です~
もしご興味がございましたらメルフォなどからお問い合わせ下さいませ^^

| Happy * ペットライフ♪ | 14:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モニター様、募集中です!

またまたご無沙汰しております。
プレガーブログの方も、なんだかすかりブレス報告ブログ化してしまって・・・(爆)。

そして、唐突極まりなくてアレですが・・・

現在、Precious Garden では モニター様を募集しております。

フルオーラリーディングを10,000円をモニター様 価格3000円でお受けしているのですが・・・

ここ、キャラきど特別価格、2000円にてお受け致します。

何をするかと言うと・・・

六花のオーラ図
先ず、このような感じで3層のオーラリーディングを致します。

モデルは六花ですが・・・・実はこの写真、ちょっと足が切れているのが頂けません(爆)。
出来れば全身しっかり写っている写真が望ましいですが、このぐらいでしたら大丈夫です。
足先を重点的に視てほしい(足に障害や日常生活において気になる点があるなど)という場合は、足の写っているものでお願い致します。

オーラから視た、そのコの肉体の状態、感情(何を思っているのか、どんな事を気に掛けているのか)、精神層(そのコの生まれ持った才能や能力など)をお伝えします。

その後、動物さんとコミュニケーションさせて頂き、飼い主さんが動物さんにお訊きしたい事を2つ尋ね、そのお返事をお伝えします。

そして最後に、言霊といって、《そのコが癒される言葉》を添えさせて頂きます。
言霊に関しては、1日1回、もしくは何度でも、声に出して伝えてあげて下さい。


それから、もう1つのモニター様募集は、遠隔ヒーリングです。
こちらは3日間(1日1回、15分)、無料にてお受け致します。
お一家族1回限りとさせて頂きますが、動物さんと飼い主さん、同居動物さん全員、ご家族全員でもOKです。

遠隔ヒーリングはご自宅でお受け出来ますので、動物さんには負担が少ないかと思われますので、この機会にお試し下さい♪

お受けする方のお名前(HN可)、顔写真、ご住所(○県○市、お住まいの市が大きい場合は、北の方などエリア指定)を頂戴致しますので、そちらだけご了承下さい。

ご興味ある方は、コメント欄(『管理者だけに表示』にチェックをお願いします)、ブログのメールフォーム、リンク先の問い合わせなどからご連絡下さいませ^^

元の写真
リーディングの元になった写真

ポーズその他は理想でしたが、足元がふかふかで足先が写っていなかった罠・・・(^_^;)


コメント、拍手有難うございます!!
とっても励みになってます!

| Happy * ペットライフ♪ | 22:58 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

沢山のありがとう、を

前回、FIPの記事を書かせて頂きましたが。
この病気を通じて、昨年、大切な出会いがありました。

【ベン・ガルぉねえ  ♪ Uriel】 の ぶ~さんとUrielくんです。

ぶ~さんがランキングに登録されて以降、偶にお邪魔させて頂いていたのですが、忙しいのもあり、コメントなども全くした事がありませんでした。

そして、昨年の11月、 『ごめんね。。。Uriたん。。。』 という記事のタイトルをランキング内で見て、「どうしたんだろう?」 と思い、読ませて頂きました。

この記事を読んだ時、恐らく、FIPの可能性が高いだろう・・・と思いました。
でも、ぶ~さんは、コロナウィルスによる腸炎の可能性に賭けていらっしゃる。
それに私たちも、その可能性に望みを賭けたかった。
それなら・・・と思い、FIPを体験していらっしゃる飼い主さんでプラズマクラスターの事をしっかり書いていらっしゃるブログさんの事などをコメントさせて頂きました。
まだ発症していないのであれば、間に合うかもしれない。

けれど、25日の記事で、セカンドオピニオンを経て改めて 『ドライタイプの腹膜炎だろう』 という診断でしたと書かれていました。

Uriくんはとっても頑張っている。
そして、ぶ~さんもとても怖い思いをされながらも、必死に受け止めてこれからの事を考えていらっしゃる。

今まではただ祈る事しか出来なかった。
でも今は、ヒーリングを、アニマルコミュニケーションを習っている。

とはいえ、ヒーリングはまだ卒業していない。
アニマルも、たみは卒業しているとはいえ、ひのは9月に始めたばかり。
遠隔ヒーリングは正式には習っていない。
プロどころか、殻をつけたひよこ状態の私たち。

でも、迷っている時間はない。

そう思い、思い切ってぶ~さんに遠隔ヒーリングをさせて欲しいとお願いしました。

本当に出来そうになければこんな申し出は出来なかったんですけれども。
偶々、授業とは別に参加してセミナーや、10月末のアニマルの授業などで 『遠隔でもいける』 という手応えがあり。
七海の避妊手術の際、
「遠隔をすると術中のリスクを下げられますし、回復も早いですよ。お二人なら出来ると思いますよ」
と講師の方に仰って頂いてました。
とはいえ、Uriくんに対し、どこまで出来るのか、どこまで効果があるかは全く保障で出来ない、もしかしたら全く効果が無いかもしれないという事を正直に書きました。
ぶ~さんはそれでも良いと仰って下さいました。

11月30日、初めての遠隔ヒーリング。
繋がった瞬間のUriくんは、やはり病気による辛さや不安が見えました。
たみは、「何でこんなに辛いんだろう?」 という風に感じているみたいだったと感じ、ひのも不安感や儚い印象を受けました。
なので、Uriくんに、「今、あなたが闘っている病気はこういう病気なんだよ」 と FIPの説明をしました。
そして、ぶ~さんは Uriくんに出来る限りの事したいと仰っている事も併せて伝えました。

15分間、2人それぞれやって、その後2人で印象をシェアし、ぶ~さんにメールしました。
お返事では、特に嫌がったり症状が悪化するなどは見られなかったとの事でホッとしました。

2日後、Uriくんは最初に感じた不安感を全く感じさせませんでした。 
一緒に戦う心積もりが出来ている、そんな印象で。
私たちは、Uriくんの体の中で感じるネガティブなエネルギーを出来る限り取り除き、ヒーリングするという事に徹しました。
・・・・・と言いながら、2人それぞれ色々お話させて頂いてもいました。
ただ、病気の事などは特に聞かず、世間話とか、たみに至ってはグチを聞いて貰っていたり・・・(^_^;)。
本当に、芯の強い優しいコで、我々よりよっぽど大人なのでは・・・というカンジでした。

3回目の後、「荒かった呼吸が楽になっている」とメールで仰って頂けて、本当にホッとしました。

こういうスピリチュアルな世界というのは、証拠というか、目に見える証がありません。
受け手だけでなく、施術する側もです。

端的に言えば、「自分の妄想だけなのでは・・・」 という風に思ってしまう事もあるんです。
特に私たちはキャリアが浅いどころか、殆ど無い状態だったので・・・。

その中で、ぶ~さんから見てほんの少しでも良い変化があるという風に仰って頂けた事、そして、受け手であるUriくんがリラックスしてくれていいる事が、手探りの中でとても励みになりました。

どこまで出来るかは分からない。
でも、やれるだけの事を精一杯やろう。

ただそれだけを思い、続けさせて頂きました。

その後は、特に病状や通院状況などをお訊きする事もなく、ぶ~さんもそこには触れずに、「今回もリラックスしてましたよ~」 など明るくご連絡下さっていました。

12月24日、クリスマスイブの時の記事の、『無事 一緒に迎えられそうです』 との一文に、病気の方は進行しているというのが分かりました。
でも、ぶ~さんもUriくんもとてもそういう状況とは思えない程、前向きに頑張っていらっしゃる。

そして、26日、『ステーキを食べた』 という記事を見て、その事をUriくんに訊いてみました。
『美味しかった! でも、水っぽいお肉は苦手』
との返事。
焼いた方は美味しく食べられたから良かったね^^ とほっこりの私たち。
しかし、この日のヒーリング終了間際、たみがキツい獣臭のようなものを感じました。
「・・・・言うなら、体調の良くない動物さんの匂いかな・・・・」

28日、ぶ~さんから頂いたコメントに、『私達家族はuriと新年を迎えられる事を今は目標にしています』 とあり、やはりかなり進行してしまっているのを感じました。

そして、約束の日ではなかったのですが、29日にもこっそりヒーリングをさせて頂きました。
その時に、Uriくんに、「『新年一緒に迎えたい』って仰ってるよ」 と伝えた所、「うん、頑張れるかな」 と返事をしてくれました。

翌、30日。
前日の会話で安心していて、いつも通りの時間にヒーリング開始。

すると、ひのの方に、『もういいよ、ありがとう』 というメッセージが・・・・。
いつもの様にヒーリングしようとしても、とても空虚な感じで、実体がないような・・・・・。

ヒーリングの際、目を閉じてUrielくんの体を思い浮かべ、目の前にクライアントさんが居るのと同じように手を使って体を触るようにしたりしています。
3次元ではなく、4次元、5次元の世界で、字面だけだと胡散臭い事この上ない感じなのですが・・・。

でも、この時、手に感じる温度や感覚が全く違っていて、
「もしかして・・・・」
Uriくんが虹の橋へ旅立ったのでは・・・と思ってしまい。
ひの、動揺のあまり、1度目を開け、メールやブログをチェック。
「特に何の報告も無いから大丈夫!」
と気を落ち着けて再開。

Uriくん、気を遣ってくれたんでしょうね。
感覚は違ったままだったんですが、会話の方は普通にしてくれたんです。
今思うと、凄く気遣ってくれてたんだな・・・と。

ヒーリングを終えた段階で、たみに話すと、「え? いや、いつもと同じように思ったけど・・・」と。
しかし、ラインが繋がっている時、「そういえば、同じ辰年生まれだね」と話しながら浮かんだイメージが 『昇り龍』 と 『昇る』 から連想した 『大天使』 と後になって思い出す。

Urielくんの名前でもある 『大天使』。
そして、『昇り龍』・・・。

それから1時間後、ぶ~さんからUriくんが虹の橋へ旅立ったとメールを頂きました。

お返事をしつつも大泣きで。
ちょっと落ち着いてから、1度だけ、ラインを繋げました。
どうしてもきちんとお別れを言いたくて・・・。

12月30日を選んだのは、新年を迎えるまでは頑張れても、三箇日を越えるのは難しかった事。
おめでたい中で旅立ってしまうのは申し訳ない。
そして、31日では、「あと数時間で迎えられたのに・・・」 という後悔を残してしまう。
それに泣きながら新年を迎えさせてしまう。
そんな気遣い溢れる理由でした。

そして、それ以外にも私たちにもメッセージをくれました。
ひのにはお礼と激励を。
たみには・・・「あんまり(自分を)ダメダメ言っちゃダメだよ」 という優しいダメだしが・・・(笑)。
↑ 如何にグチっていたかが窺えます(^_^;)

Uriくんは、私たちに色んな事を教えてくれました。

中でも、アニマルコミュニケーション、アニマルヒーリングがもたらしてくれるのは出会いだけではなく、こういうお別れもある事。
間近にお別れが迫り、それを避ける事が不可能な時、私たちの為すべき事。

そういった事の明確なヴィジョンや心構えを私たちに与えてくれました。

そして・・・

ぶ~さんからの贈りもの
なんと、ぶ~さんから贈り物が・・・!

にゃんずへのプレゼントが沢山・・・!
にゃんずへのご飯やおやつが・・・・!
チキンスープ味、ウチのコたち、大好きです^^

可愛いチョコ♪
私たちへは可愛いチョコが・・・!
美味しく頂いてます~


FIPを発症したのがUriくんでなければ、ヒーリングをさせて欲しいとは言い出せなかったかもしれません。

アニマルコミュニケーター、ヒーラーである前に、私たちはベンガルオーナー、一猫飼いです。
3年前、真生の時にFIPを発症しているかも・・・という恐怖を味わい。
今は、Uriくんと月齢の近い七海を育てている真っ最中。
とても他人事とは思えなかった、ただそれだけなんです。

Uriくん、ぶ~さん、ご家族の皆さん、本当に有難うございました。
皆さんの幸せを心よりお祈りしております。

| Happy * ペットライフ♪ | 20:42 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かなきも

 真生に引き続き・・・

 今日も奏はきゃるるるんです♪
 奏もアニマルコミュニケーションのカウンセリングを受けて参りました。

 奏は、真生と違い、問題行動のあるコではありません。
 なので、必要に迫られて・・・という訳でもなかったんですが。

 私たちがお世話になっている所は、カウンセリングの最後に 言霊のプレゼントというそのコの魂に響く言葉を頂けます。
 勿論、先に受けた真生も頂きました。

 前回 も書きましたが、私たちは、日常的にアニマルコミュニケーションに近い事をしていたので、その言葉による 【劇的な変化】 は無かったんですけれども。
 でも、やっぱり、届き具合というか響き具合が違うというか。
 言葉が届く事、そして、それによる僅かな変化、という意味で手応えを感じています。

 それもあって、1にゃんずつ順番に、カウンセリングを受ける事に。
 真生だけそういう素敵な言葉を貰っている状態、というのは不公平感があるかな~って思っちゃうんですよね。
 出来る限り平等がモットーです☆

 他のコの過去世の話を含めたリーディングにも興味がある、というのも本音です。

 今回、奏にしたのは、現地に連れて行けそうだったからです。
 六花も連れて行けなくはないんですが、出来れば後は年功序列にしたい。
 ・・・東は最近、お出掛けにめっきり弱くなってしまい、キャリーの中で大暴れなので連れていくのは心配。
 勿論、本猫を連れていかなくても、やって下さるんですけれども。
 連れて行くのがベストだと思っているので、出来そうなコ、というコトで奏にしました。


 奏は、とってもお利口さんだったんですけれども。
 引籠もり感と、人見知りが激しくなってました。
 お部屋に通されても、キャリーの外に興味はあるものの出てこず。
 コミュニケーターさんが準備で席を外している時にちゃっかりひょっこり出たくせに。
 戻られたらさっさとキャリーに入ってしまったという・・・。

 2年半前、避妊手術の際に病院のアイドルになった面影は無かったです(笑)。

 でも、今回のお出掛けはいつもの通院とは違って、少し楽しかったのか。
 帰った直後からきゅいきゅいご機嫌さんで。
 かわゆい甘えん坊奏ちんがグレードアップ致しました☆

≫ Read More

| Happy * ペットライフ♪ | 23:41 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まさきも

『真生のきもち』 を知ってみたいというコトで、タイトルが 【まさきも】 なんですけれども(ねこきものノリ)。

 ぶっちゃけて言えば、アニマルコミュニケーションのカウンセリングを受けて参りました。

 ひのは何処で知ったか忘れてしまったんですが、六花を迎える前から何となく知っていて。
 少し興味がある状態でした。

 たみが知ったのは、とあるボランティアさんの所の猫さんが受けた記事を拝見した時。

 こういう事で、真生の気持ちが分かるなら受けてみるのもアリかな・・・と思いながらも。

 その後、真生は2回程腸閉塞(1回は開腹手術、1回は便出し止まり)を起こしたりとありましたが、問題行動であるマット噛みや粗相は頻度も減り。
 六花を迎えて以降の真生は迎える前より、格段に成長し、穏やかになっていました。

 なので、そんなに緊急性もなく、そのままこれだけ時が流れていた訳ですが。

 縁あって、この度、電車を乗り継いで真生共々受けて参りました。

 2011年10月14日の真生
 資料用に撮った真生写真 (提出分とは別写真です)


【アニマルコミュニケーション】 とはその名の通り、動物とのコミュニケーションなんですが、内なる声を聞いてより深く関わろう、という事だと解釈しています。

 今回お世話になった所ではインナーコミュニケーションと呼んでいますが、人によってはテレパシーでのコミュニケーションと仰っている方もいます。
 テレパシーと言うと物凄くスピリチュアルな世界の感じですが、アニマルコミュニケーションの基本はどちらかと言うと、動物の行動学の分析だと思っています。
(但し、人によってはスピリチュアルに偏っている方もいます)

 元々、私たちは東と奏を迎えた時から、話し掛けて、言葉が届くようにコミュニケーションを取ってきました。

 苦手な爪切りや歯磨き、ブラッシング、お薬を飲ませる時などは、必ず、

「嫌なのは分かるけど、大事なコトなんだよ。○○の為にならない事はしないよ。だからちょっと頑張ってね?」

 と目を見て話してました。

 爪切りの時は 「あんまり長過ぎると怪我しちゃったりするよ」、ブラッシングは 「うんPが緩くなっちゃったり、毛玉を吐いちゃったら苦しいよ」 とか。
 お薬の時は 「楽になるよ」 とか、何でこれをやるのか、という事も合わせて伝えてました。

 その甲斐あって、1週間から2週間くらいで、みんにゃ身を任せてくれるようになってまして。
 東とか真生は、爪切りと歯磨きは最初バタついて嫌がっていたのが嘘のように、されるがままです(笑)。

 逆に奏は、爪切りと歯磨きは前の方がおとなしかったんですけれども(猫を被っていた / 笑)、鼻クチョを取るのとかは無抵抗でだら~んとしています。
 奏の場合は、自分を隠さなくなったのかな、というカンジで。
(奏は親指の爪を折った記憶が濃いようで、爪切り = 痛い、というのが本能的に残ってます)

 六花の場合は、抱っこなど拘束されるコトが苦手だったので、爪切りも歯磨きも当然苦手で。
 今でも、膝の上にだら~んとして受けてくれる状態ではないですが、彼女にとって不安のない抱っこの仕方をすれば、何でもおとなしくさせてくれてます。

 あとは、家に来た当初酷かった、東の噛みグセ。
 保護主さんには 『噛んだら顔にデコピンで一発で治りますよ』 と言われていたんですが、デコピンに抵抗もあったり、タイミングも難しかったりで。
 噛まれた時に、「痛い!」 とアピールしたのと。
 東の場合、嬉しい時に、喜びの表現として噛んでいたのが分かったので、

「東の嬉しい気持ち、伝わってるよ。噛まなくても、大丈夫だよ」

 と言って。
 これも1週間掛からず、治まったりとか。

 言葉・・・というか、言葉に宿る気持ちを伝える事の大切さを実感していたので、行動学に基づいたコミュニケーションに関しては、全く抵抗は無く。

 その上でのリーディングであれば、スピリチュアルな部分も大丈夫かな~、と。

 但し、私たちはスピリチュアルな事柄に関しては、辛口というか。
 何でもかんでも鵜呑みにするタイプではないです。
 ・・・・というか、どちらかと言えば疑ってかかるタイプです。
 かと言って、『スピリチュアル = 胡散臭い』 と、いきなりシャットアウトするコトもないです。


 ・・・・と長々と書きましたが。


 真生を何故連れて行って、カウンセリングして頂いたかと言うと。

 真生の持つ闇が深くて、私たちの言葉が届き難い、というのを感じていたからなんです。
 その闇の深さが何に因るものなのかが分かると、今後大分違ってくるだろう、と。

 もっと効果的に伝える方法はないか、とか。
 それによって、粗相やちっち飛ばしなとが減ってきたら、楽になるな、とか。

 目立った問題が治まってきた中で、どうしたらもう少し満ちてくれるのかが知りたくて受けた訳です。


 結果から言いますと、過去世(前世)が大きく絡んでいました。
 私たちは保護される前の経験かな、と思っていたんですが、そちらの方はごく普通の捨て猫(?)で、幼少時に虐待されたとかそういった事ではなかったようです。

 前世とかそういう事言うと、更に胡散臭い感じなんですけれども(笑)。

 私たちも、それが信じられる事柄なのかどうかを頭に置きながら聞いて。
 今回に関しては納得できるお話でした。
 コミュニケーションの内容を此処に載せたとしても、それを信じる信じないは個人の自由になってきますし。
 真生にとって大事なのは、飼い主である私たちが、「信じられる内容かどうか」 が重要な訳で。
 この前世の話を見て、「胡散臭い」 と感じる方もいらっしゃるでしょうし、それはそれで良いと思っています。

 ただ、本当に、真生の異食症、ダンボール齧り、諦める事を知らない、というのが、過去世に起因する事だったと分かったのは、私たちにとって大きな一歩でした。
(因みに、ダンボール齧りと諦めない性格、というのはコミュニケーターさんにはお伝えしておりません)

『ダークな部分がかなりあって、ガードの固いコ』 と評されまして(笑)。
 そういう意味でも、診て頂いて良かったな、と。

 起因する部分が分かっているのと分かっていないのとでは、言葉に宿る力が変わってくるので。
 今回カウンセリングを受けた事で、私たちだけでももうちょっと前進出来るかな~と。

 2011年10月14日の真生の横顔

 真生の核心の部分に私たちの言葉が届くまで、まだまだ時間が掛かると思いますが。
 電車を乗り継いで一緒に行ってくれた真生の為にも、頑張りたいと思います☆

| Happy * ペットライフ♪ | 23:35 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。