【あなたの幸せがペットの幸せ*。☆】 Caramel 気取り

猫たちと石たちと♪

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

リスクを負う覚悟 * 猫のワクチン誘発性肉腫

こんばんは、オーラセラピストのひのです^^

昨日、ちょっと衝撃的な画像を載せましたけれども。

人によってはグロいというカテゴリに入ってしまうかもしれませんが、今日も載せます。
(苦手な方はスルーして下さいませ)


術痕

これは、紛う事なき、ワクチンの副反応(副作用)の一種 です。

発症率は、1万頭 ~ 2万頭に1頭とか、1,000頭に1頭と言われていますが、実際の発症率はもう少し高いのでは・・・とも言われています。

発症率としては、確かに稀なんだと思いますし、接種しているワクチンによっても、かなり変わってきます。

いずれにしても、

1万頭に1頭であっても可能性は決してゼロにはならない事。

打つ回数が増えれば、リスクが高まる事。

自分のコが発症した時、1万頭に1頭という発症率は全く関係ない事。


この事を、猫と暮らし、ご自分の猫さんの健康を思ってワクチンを打っている飼い主さんに知ってほしい。


誤解しないで頂きたいのは、「ワクチンは怖いから止めましょう」 という話ではありません。

メリットの方が多いからこそ、接種するという選択が、家族として当たり前になってきているんだと思います。

仔猫やシニア猫、持病のあるコにとってはパルボ(猫汎白血球減少症)は命取りになる事もあります。

喩え完全室内外でも、人間の靴や衣服について持ち込んでしまう事もあります。

だからこそ接種する、という選択でも良いのです。

逆に、ワクチン誘発性肉腫の方が嫌だから接種しない、というのも有りです。


そしてもう1つ。

万が一 ワクチン誘発性繊維肉腫に罹患した場合、最初の治療が肝心 なんです。

かかりつけの先生が、症例を診た事があるか。

治療経験があるか。

これによって、診断そのものが違ってしまうケースもあります。

望ましいのは、腫瘍科認定(可能であればⅠ種)の先生の居る病院で診てもらう事


それ程多くはありませんが、この病気の闘病記を綴られているブログさんもあります。

再発率が如何に高いか。

最初の治療で適切に切除出来るかどうかで、その後がどれ程違うのか。

FIPと同じくらい、飼い主を絶望へと追いやる力を持っています。

けれど、最初に適切に切除出来れば、寛解も可能です。

但し、脚や尾に接種していた場合は、断尾、断脚という選択になる事。

東のように肩甲骨間の場合は、より技術が必要になる事。

その上での、寛解・根治です。


決して他人事ではなく、この病気は存在する。

ワクチンを接種する場合は、その可能性を知った上で接種してほしいんです。

知っているのと知っていないのでは、恐らく発症した時の結果が全く違ってきます。

また、接種時にこの病気のリスク説明をしてくれる病院に通う事も大切だと思います。


ワクチン接種には、『する・しない』 のどちらにも、メリット・デメリットが存在します。

1人でも多くの飼い主さんに、その事を知って頂き、その上で選択してほしい。


それが今の私の望みです。

術後服でも明るい顔
2年前の11月13日。ほぼ普通の生活を送り始めていた東

現在、元気もりもり♪
現在の東


◆ 無料メールマガジン 《Precious Garden * 憩いのお便り》 ◆
↑ 登録はコチラから♪


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪


ランキング参加中です☆
応援ポチして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 引き寄せの法則
にほんブログ村ランキング♪


人気ブログランキングへ♪
人気ブログランキング♪


アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、セラピストとして活動中です♪

| 軟部組織肉腫 | 22:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

抜糸、第2弾!

いつもは日曜日に行くんですが、一昨日は地元のお祭りだった為、昨日行って参りました~!

本日の排液は前回の10ccの倍以上の22cc!

傷の塞がりが良くて外に沁みてくる事がない分、こうして抜いて頂くのが続きそうです~

そして、2ヶ所残った交点の内の1つが抜糸されてました☆
残りあと1ヶ所でございます!

先生が、「模様変わっちゃいましたね」 と仰って。
・・・・そういう言えば、術後あまりしっかり模様まで見ていなかったなぁ、と。
↑ 基本術後服なもので・・・(^_^;)

でも、出来れば変わって欲しくないな~と思っていた部分は変わってないですし。

今回の事を越えた証として、New東になったと思えば、その変化もまた誇らしいというか。
この1ヶ月半が夢や幻じゃなかったんだなぁって実感しました。

抜糸前は茶白団子
とっても眠そうな茶白団子♪

・・・・私らも眠いっす。

連日、朝5時にトイレハイで起こされる・・・・だけでなく。

夜中ふと目が覚めると術後服脱いでるんですもん(^_^;)
着せるのも早くなりました・・・(笑)。

Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、ヒーラーとして活動中です。
ここの所ほぼ同じ内容ですが、微妙に違った感 & 画像違いで綴ってます。

| 軟部組織肉腫 | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

抜糸、第1弾

昨日、病院に行き、無事に抜糸して頂きました☆

・・・・と言っても、当初の予定通り、2ヶ所程、まだ糸が残っています。

十字とY字に交差している部分あって、そこだけ残っているんですが、他は抜糸完了!

でも、デリケートな部分が残っている為、術後服生活と抗生剤は継続です~

朝から元気ですぉ
朝から元気ですぉ~


今日は腫瘍科での診察で、病理の結果などを改めてお聞きしました。
マージンはマイナスなので取り切れている、という判断ですが、根治したか・・・という部分では言い切れないそうです。

この結果の場合、90%以上は根治しているそうですが、残りの10%をどう見るか・・・という事で。

放射線治療をするかどうか。
化学療法をするかどうか。

私たちは、どちらもしない予定です。

放射線は毎回麻酔が必要になる事など東への負担が大きい事が理由の1つです。

費用も高額になってきますし、保険もきかないとの事。
・・・保険はウチは入ってないので関係ないですが(笑)。

ガン細胞に照射するのではなく、その細胞が潜んでいそうな範囲への照射になるので、健康な細胞へのダメージもありますし、最悪、照射性の悪性腫瘍の発症なども考えられるなど、色々考えた上で決めました。

もし放射線治療をするにしても傷が完全に塞がってからの話になりますし、大学病院に行く事になると冬休みが入ってくるので治療そのものが年明けになるかも・・・というお話だったので。

取り敢えず、定期的に健診を受けつつ、日々しっかり見守って。
ヒーリングとサプリメントで頑張ろうと思います^^

Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、ヒーラーとして活動中です。
今回もほぼ同じ内容ですが、微妙に違った感 & 画像違いで綴ってます。

| 軟部組織肉腫 | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホッと一息

昨日、傷の経過を診て頂く為に病院に行きました。

緑の中の俺
こちらは病院に行く前(午前中)の東

傷口の経過は 「かなり順調です」 との事。

歩行の状態も診て頂きましたが、

「あれだけの大手術の後にこれだけ歩けるのは凄い」

と仰って頂きました^^

因みに、本日担当して頂いたのは常勤の腫瘍科の先生。
消毒の為にお預けした時に、腫瘍科専門の先生も少し診て下さったそうで、
「やはり 『順調です』 と仰ってました」
との伝言が・・・!

内心 「よっしゃー!」 だったんですが、

「病理の方の結果も出てます」

の一言に、2人して 「????」。

来週の腫瘍科での診察時にお聞きするものとばかり思っていたので、全く心の準備が出来ておりませんでした・・・

「やはり軟部組織肉腫でしたが、ちゃんと取り切れてました」

とのお言葉に、喜ぶ前に力が呼吸と共に抜けました。

「良かったですね」
と仰って頂いても、「はい」 としか答えられず。

待合室に出てから、やっと実感が湧いてきました。

とはいえ、局所再発しやすい病気の為、この状態でも100%再発しないという訳ではありません。

でも、核分裂指数は低めだったので、かなりリスクは減ったのではないかと思います。

・・・・・というのは、ネットで調べた情報などと照らし合わせての私的見解で、来週、詳しいお話を聞いてから、という事になりますが。

取り敢えず、サプリメントとヒーリングはしっかり続けたいと思います^^

Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、ヒーラーとして活動中です。
今回もほぼ同じ内容ですが、微妙に違った感 & 画像違いで綴ってます。

| 軟部組織肉腫 | 01:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

注射部位肉腫:CT ~ 切除手術

腫瘍科を受診し、26日の日曜日にCT検査をして頂く事になりました。

以前、七海が眼科で受診した分院の方でもCT検査は出来るのですが、そちらは2mmスライスの機器で。

腫瘍科の先生が勧めて下さったのは、動物検診センター・キャミック。

此方は1mmスライスの機器との事で、CTは全身麻酔になりますし、病気が病気ですので、より精度の高いキャミックさんでの予約をお願いしました。

キャミック練馬
キャミック練馬

此方はMRIとCT専門の検査センターで、大学病院などと同じく獣医師の紹介のみの予約診療だそうです。
(個人での予約は出来ません)

第1希望の日曜日で予約が取れましたが、当日はもう予約がどこもいっぱいでした。

全身麻酔なので、前日21時から絶食、当日朝6時から絶水。

そして東さん初めての電車移動。

・・・・・行きはメッチャ鳴かれてヒヤヒヤでしたが、スマホなどイヤホンをしている方が多くて殆ど気付かれませんでした(ホッ)。

9時の予約でしたが、8時45分頃に到着。

快く受付して頂いた後、麻酔や造影剤のリスクの説明をしっかりして頂き、いざ検査。

検査そのものは早かったんですが、麻酔からの覚めがちょっと遅くて、待合室で40分くらい待たせて頂いて。

その後、伏せが出来るまで覚めてくれた所で、東を預けたまま一旦病院を出て、駅前のバーミヤンへ。

CTの画像が出来上がるまで2時間くらい掛かるとの事で、ドリンクバーのある所を選んだ次第です。
(こういう時こそしっかり食べるです)

待合室での東
待合室での東・・・・凄い顔・・・(笑)

その後再び病院へ戻り、画像を見せて頂きながら説明を受けました。

悪性腫瘍である事は間違いない事。

第4棘突起に接している事。

接している骨は溶けるなどはしていなく、骨全体は綺麗な事。

肩甲骨には接していないように見えるが微妙な事。

肺に小さな影があるが転移している感じではなさそうで、古い病瘡のように思えるものの、転移でないとは言い切れない事などの説明を受けました。

担当して下さったのはセンター長の女医さんで、腫瘍科の先生とは何度もお仕事をされている感じでした。

また、腫瘍科の先生の方から、東には静脈以外に針は絶対に刺さないようにという指示が出ていた事も知り、お二人に担当して頂いて良かったと感じました。

生検痕も大分毛が生えました
手術前日、生検の痕にも大分毛が生えてきました

手術前日・リラックス東
同じく手術前日、ヨガ中の1コマ

しこりを発見してから26日間の間に、先ずしっかり行ったのはヒーリング。

サプリメントを開始したり、この病気の事を調べたり。

開始したサプリはコチラ
  
 D-フラクション            センダンα

D-フラクションは免疫力アップに。

センダンαは犬・猫のガン抑制効果の臨床データがあるとの事。
(但し、センダンのどの成分が有効かは現時点で不明だそうです)

併用も可能というレビューもかなりあったので、この2つに。

東はかなり気に入ってくれ、特にDフラは少し落ちかけていた食欲を盛り返し、かなり激しくおねだりするように。

食べても食べても増加しない体重もなんとかキープ。

それ以外で心掛けたのは 《いつも通り》

生活のリズムも変えず、ホットヨガやACCの授業にも行って。

今まで見ていたドラマ(マッサン)やフィギュアスケート、好きなアーティストの歌番組を観たり。

どうしても 「何故、もっと早く気付けなかったんだろう」 「何故、東なんだろう」 という思いが湧いたり。

良くない未来を想像しそうになったりしてしまいそうになっても。

辿り着きたい未来を信じる事。

そして何より、私たちが自分を責めるエネルギーが東に向かわない事を優先しました。

動物さんは飼い主さんのエネルギーに敏感です。

自分を責めるエネルギーは特に対象の動物さんに大きな影響を与えます。

ぼくが(わたしが)病気になったから、ママは自分を責めてる。

ぼくが(わたしが)ママを悲しませてる。

経済的な負担を掛けてしまって申し訳ない・・・。


など、実際に彼らがそういう風に感じているのをアニマルコミュニケーションを学ぶ中で目の当たりにしました。

私たちが自分を責める事で東が自分を責める必要はない。

自分を責めている姿は見せない。

・・・・・と取り敢えず、頑張った訳ですが。

やっぱり私たちも人間なんで、ちょっと出そうになった時もありましたし。

涙脆いひのは、うっかり泣いてしまったり。

涙って堪えようとすればする程、堪え切れなくなるものなので。

ひの、職場で運良く完全一人の状態になった時に、思いっ切り泣きました。

あの時ガス抜き出来なかったら結構キツかったなぁって思います。

そんな感じで、出来得る限りの事はして。

30日、いよいよ手術当日を迎えました。

手術は、背中の広範囲の皮膚と筋肉を切除する事になり、前肢の動きを改善する為に広背筋の一部を使った形成手術も合わせて行う事になりました。

切除のみでしたら1時間との事でしたが、形成手術を合わせて2時間の大手術。

それを無事に乗り切ってくれました。

執刀して下さった先生方を含め、関わって下さった皆様に心から感謝しております。

ここでエンドマークを付けられたら良いのですが、浸潤性の高い性質を持つ病気の為、結果はまだ分かりません。

2週間後に病理検査が上がるので、その結果如何で今後の治療方針も変わってきます。

でも、どんな結果であろうと、今の私たちに出来る事をし、最善であろう選択をしたつもりです。

未来の事はその時に改めて考え、今を大切に過ごしたいと思います^^


Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、ヒーラーとして活動中です。
内容は似ていますが、微妙に違った感じで今回の事も書いてあります。

| 軟部組織肉腫 | 01:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

注射部位肉腫:発見 ~ 腫瘍科受診まで

昨日は急なご報告になってしまい申し訳ありませんでした。

かなり大きな手術になる事は分かっていたので、伴うリスクなどを考慮して、術後のご報告にさせて頂きました。

さて、今回のこの病気の経緯をお話する前に、 《注射部位肉腫》 についてお話させて頂きます。

ワクチン誘発性肉腫、ワクチン接種性繊維肉芽腫とも呼ばれ、主に猫に多い病気とされています。

ワクチン接種後、腫瘍化する病気で、悪性度が非常に高い他、浸潤しやすく再発率の高い病気です。

不活化ワクチンに含まれるアジュバントに反応して起こる事が多いと言われていますが、その他の注射や点滴、マイクロチップでも発症する事があるそうです。

ただ、今回の東に関しては、アジュバントが原因ではないかと思っています。

東と奏は初年度(1歳未満)は保護主さんの元でワクチンを打って頂いています。

接種個所は不明ですが、生ワクチンでした。

我が家に来て、1歳の時はふたりとも背中に不活化ワクチンを接種。

その時に奏に副反応(震えと吐き気)が出た為、翌年は奏のみ生ワクチンに変更して頂いて。

副反応が全くなかった事、またこの時点まででワクチンについて色々調べた事もあり、3歳以降は生ワクチンを後肢に打って頂いていました。


10月4日の夜、いつものようにひのがヨガをしていると、やはりいつものように東がやってきて。

ごろんごろんと転がっている東を撫でている時に気付きました。

しこりの大きさは、1.5cm × 2.2cmくらい。


正直、何故この大きさになるまで気付かなかったのか、今でも分かりません。

9月以降、家でもヨガを真面目にやっていて、殆ど同じように撫でていましたし。

たみもよく撫でていました。

9月のアタマにフロントラインをした時には全くありませんでしたし。

ブラッシングでも、東は顔周りから上半身にかけてされるのが好きだったので、絶対に触っていた筈なんです。

でも、出来た個所的に可能性は充分あり、翌日、院長先生に診て頂く事に。

角度によっては目立たない
こういった角度だと目立ちません @ 10月5日、受診後

しこりが目立つ角度
この角度だと明らかなしこり @ 同じく受診後

細胞針の結果は、肉腫・肉芽腫の反応と炎症反応があるとの事。

肥満細胞腫や嚢胞ではない事が分かりました。


炎症反応がある事と、不活化ワクチン接種から3年半という月日が経過している事もあり抗生剤で1週間様子を見る事になりました。

この時点でしこりの大きさは 1.8cm × 2.5cm。

この日は、腫瘍科専門の先生とは別の腫瘍科Ⅰ種認定の先生が勤務されていて、その先生にも診て頂きましたが、抗生剤で様子を見てしっかり判断しましょうとの事でした。


ヒーリングを併用しながら1週間が経過。

しこりの大きさには殆ど変化は無し。

翌週の腫瘍科診察(木曜)は予約がいっぱいとの事で、水曜日まで抗生剤で様子を見て、手術日を決めましょうとの事に。


15日に再び行くと、手術の日程を決めるのではなくトゥルーカット生検をしましょう、と。

細胞針より太い針で組織を取り病理検査して頂くものなんですが、結果が出たのは翌週の水曜日。

院長先生から電話を頂き、やはり肉腫・肉芽腫の一種であり、ワクチン誘発性肉芽腫の可能性が高いだろうとの事で、翌日の腫瘍科の予約を入れて頂きました。

トゥルーカット生検痕
生検痕

久々のエリカラ生活
かさぶたを舐めてしまうのでエリカラ装着

エリカラ生活・満喫中?
案外気にせず生活(笑)

腫瘍科専門の先生に診て頂いた所、検査結果からみても、注射部位肉腫の可能性は充分にあるだろうとの事。

しかし、この病気は確定診断が難しく、確実にそうだとは言い切れないとも仰っていました。

ただ、最悪の事を考えれば、注射部位肉腫として手術を行った方が良いだろうというお話でした。


注射部位肉腫は最初の手術がとても重要です。

この時に大きく切除し、腫瘍細胞を全て取りきれるか否かで、再発するかしないかが大きく変わってきます。

また、外科的手術は2回までで、その後は再発しても手術は出来なくなります。


注射部位肉腫であるという事を前提に手術をする事にし、翌週手術の予約を。

また、切除範囲を確実にする為に、CT検査の予約も取りました。

通院お疲れ様
キリリ東

まさか3年半経ってこの病気に直面するとは思っておらず、本当に 「まさか・・・」 という気持ちが大きかったです。


最初に受診した時、院長先生が

「ある日突然現れる事が多いんです」
と仰っていました。
(院長先生も何例か診た事があるそうです)

その後、発症期間はワクチン接種後 4週間 ~ 10年 という事が調べて分かりました。

10年と考えると、ウチのコたちは全員、まだまだ発症する可能性があります。
(奏と真生は1歳まで、六花と七海は3ヶ月時に不活化ワクチンを打っている為)

でも、あまり考え過ぎず、ボディチェックだけはしっかり行っていきたいと思っています。

長くなりましたので、ここから先はまた次の記事に。

Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、ヒーラーとして活動中です。
内容は似ていますが、少し違った感じで今回の事も書いてあります。

| 軟部組織肉腫 | 21:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |