FC2ブログ

【あなたの幸せがペットの幸せ*。☆】 Caramel 気取り

猫たちと石たちと♪

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

サカナの骨と・・・ Part3

 このネタのトリは・・・

 おサカナ(のホネ)を咥えたちねこちゃん♪
 ゆきちです!

 追っかけて~♪
 念願の 「ホネ(ぬいぐるみ? だけど)を咥えた猫さん」 の図!

 それがしたかっただけでちか・・・
 ネタの為でちか・・・

 だって折角の骨(ぬいぐるみですけども)、ネタにしなきゃ勿体ないもん・・・!


 この後、このサカナのホネさんは普通に置いておくと殆ど反応されなくなったので・・・・

 投げられてます(笑)。

 投げれば追っ駆けてくれる斑点ズ♪



 そう言えば、先日のワクチンの日(午後)、アイリッシュ・ウルフハウンドという大きなワンコさんがいました。
 それはもう怖がって怖がって飼い主さんが大変そうだったんですが(かなり病院が嫌いなワンコさんでした)、この病院が初めてだった為か、診察後はちょっと妙なテンションで。
 隣に座っていた私たちに何かをアピール。
 結果、ひのが抱えていたソフトキャリー(in 六花)に大接近。
 普段、待合室で滅多に声を出さないコがメッチャ唸ってました(^_^;)
 ・・・六花があんな低く唸ったの初めて聴いたよ・・・(高い声なら遊んでる最中とかあるんですけどね)。
 とはいえ、隣に座っていたたみには聴こえない程度。
 しかも、直後に診察室に呼ばれたので、ほんの1分足らずの出来事でした。

 そのワンコさんは別にそんな怖そうではなかったんですが、流石に世界最大と言われる犬種なだけに、大きくて怖かったのかなぁ、と。
 ・・・・頭部だけで六花より大きそうでしたし(丸くなっていたらの場合ですが / 汗)。

 グレートデンとかワイマラナーとかボルゾイとか、大型犬にもかなり遭遇する病院ですが、流石に 「うわ! 大きい!」 とビックリした私たちでした☆

| 猫グッズ | 00:17 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |