FC2ブログ

【あなたの幸せがペットの幸せ*。☆】 Caramel 気取り

猫たちと石たちと♪

2016年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

私がブックオフに行く理由

こんばんは、鼻炎と戦うダンシャリアンのひのです^^

昨日、《その周囲にブックオフに持っていくべき雑誌・書籍があったのも良いです》 と書きまして。

キャリーカートとトートバッグが軽く埋まる程度に集まったので、ブックオフへ行ってきました~♪


断捨離を進めていくと、不用品に対して 【捨てる】 以外の選択肢がある物に対してどうするか・・・という問題が出てきますよね。

ここで、2パターンの話が出てきます。


1. 空白の法則 (売らずに捨てるか無償であげるべし)

簡単に言うと、 『何かを手に入れるには、その為のスペースが必要』 という事です。

物がパンパンの状態では何も入ってこないよ。

その為には捨てなきゃだめだよ。

という原理なんですが、この時、その不用品を売ってしまうと、対価として少額のお金が入ってくるので、空いたスペースがそのお金で埋まってしまう。

もっと良いものが入ってくる為にもお金に変えずに捨てるかあげましょう、という風に紹介されている事が多いです。

私がこの話を知ったのは、何度もブックオフに買い取って頂いた後でした。

もう、知った瞬間、物凄くザワザワしました。

実際、それまでは 「少しでもお金になってくれたら嬉しい」 という気持ちがありましたので、見事にスペースをお金と交換している感覚を実感してしまったのです。


2. 「あげない、貰わない」

人から貰ったものというのは得てして捨て難いです。

私自身が何年も前に貰ったお土産やプレゼントを全然捨てられなかったので、よっぽど欲しがりそうな物でない限り人にあげるのはやめようと本当に思いました。

・・・・例外として、未使用や使用頻度の低い服やメイク用品を たみに 「使ってみる?」 とは訊きます(笑)。

要らないなら 「要らない」 と即答してくれるので。


この2つの話を総合して、私は書籍・ソフト類の不用品が出た場合は、ブックオフに買い取ってもらう事を継続しています。

「少しでもお金に」 という感情を捨てたから です。


本当に 「少しでもお金に」 と思ったら、オークションに出品した方がお金になります。

ただ、オークションは私にとってはかなり面倒というか、出品準備ややり取りする時間を他の事に使いたかったので利用しませんでした。

次に、人にあげる事を想像して、友人を思い浮かべてはみたものの。

・・・・・貰っても困るか、そのまま放置されそう・・・・(^-^;

書籍もソフトも、人によって好みが大分違いますし。

だったら 「読んでみたい」 「聴いてみたい」 「やってみたい」 と思う方の所へ行って欲しいなぁって思って。

リアルタイムで興味が無かったり、全然知らないジャンルでも、時が経ってハマるという事もありますよね。

実際、解散直前のグループや、凄く人気だった頃は興味なかったけど、それから数年したら急に好きになったアーティストなどの廃盤になった初期作品などをブックオフなどで購入した事があります。


3ヶ月くらい前に、QuinRoseさんのソフトを数本買い取って頂いたんですけれども。

乙女ゲームで有名な所だったんですが、昨年の9月に大元のアートムーヴが事業停止になっていたというのを先月知りました。

キャラクターや絵が個性的で、その分、好みは分かれるところですが。

声優さんの豪華さはダントツだったんじゃないかと思います。

今後、そういった声優さんにハマった方が過去作品を遊んでみたい!となった時に、手に取ってもらえたら嬉しいなぁって思ったんです。

本などでも、出版社さんと上手くいかなかったのか、いきなり著者名も出版物も全削除になっていたり・・・というのも目にしましたし。

そういった作品たちを後から好きになった人が手にするチャンスになる。

私はそこが1番の魅力だと思ったので、ブックオフに買い取って頂いてます。

何故ブックオフかと言えば、徒歩5分くらいの場所にあるからです。

雑誌・雑紙の収集は2週間に1回ですが、ブックオフは思い立ったら即、行けます。

なので、そのメリットだけで利用させて貰っています。

買取価格は全然気にしてません(笑)。

頂く明細は見ない時もあるし、見ても 「へ~」 ぐらいです。


逆に身に着けるものは無償のリサイクルに出しています。

ブランド品は・・・・ほぼ持ってないんですけれども(^-^;

着物とかそういったものは市のリサイクル、ユニクロのものはユニクロへ。

後はフリマ用品として送付したりもしました。

やはり、物を手放す際に 「お金と交換するんだ!」 は念頭に置かない方が良いと思います。

のんびりまーくん
僕、最近幸せなにょ

家のエネルギーが変わってきたからか、最近、めっきり ゆるキャラ化している 真生です^^


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪


ランキング参加中です☆
応援ポチして頂けると励みになります♪

ベンガル猫ランキング

人気ブログランキング


アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、セラピストとして活動中です♪

| プライベート♪ | 23:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自己信頼を上げるポイント

こんばんは、絶賛断捨離中のひのです^^

テレビの番組情報誌、TV station(通称テレステ)。

順番に揃っているであろうという事で、ファイリングする為にファイルを手にして。

ふと、「ファイリングし直した方が良いんじゃない?」 と思い、1冊目から始めました。

6冊目の途中まで使っていたのが、3冊目の途中までに纏まりました~!

ときめき感度が低い状態でファイリングしていた筈、と思ってやり直したんですが。

案の定な結果ですね(笑)。

当時の私が信頼出来ずに行ったんですが、今必要のないもの、だけでなく。

入れ忘れた空のページが2枚あったりして、「おいおい~!」とツッコミました(^-^;

そしていよいよ、続きからファイリングだ~!と最古のクリアファイルと比べる。

『2010年、3号~8号まで。但し3号分不明(切り抜いてはある)』

というメモが。

中を見ると剛くんから始まっていて、坂本さん分が不明。

・・・・・今ファイルしてある分、剛ちゃんまで入ってて、イノッチからのハズ・・・・。

「あ、そっか。ファイリングしてある分の剛ちゃんの号、かなりの間行方不明で、先の号を切り抜きだけして。
で、切りの良い岡田くんまでにするか、手元の最新号の坂本さんまでやるかで悩んで坂本さんまで切った分がココにないのね・・・・」

と思い出し。

可能性の高い、最近の雑誌や切り抜き整理で手を付けていない押し入れの収納ラックをチェック。

発掘された23冊
まさかの手つかずの雑誌発見(笑)。

舞台関係13冊、映画関係10冊の計 23冊。

2つ前の記事で、

《何より、もし後どこかから出てくるにしても、数冊・・・2、3冊くらいで、これで終わりっていう自己信頼があったのも大きかったです》

と書いたのに、出てきたの23冊・・・・!!

読点を打つ位置を間違えちゃった♪ ←違います

別に、23冊出てきたのも、その周囲にブックオフに持っていくべき雑誌・書籍があったのも良いです。

空白期間の切り抜きがそこじゃなかった方が問題です。

・・・・・いや、それも大した問題じゃないです、あるだろう場所は見当つくので。

1番の問題は鼻水が止まらなくなった事です(ぇ。

なので、探すのは中断しました。
(ちょっと、尋常じゃない鼻炎に発展したもので / 涙)


今回、この一連の流れで 自分への信頼度 というのを改めて考えまして。

ぶっちゃけ、1年以上前の私の物の管理能力や、物にまつわる時系列的な記憶力は殆ど信用出来ません。

信用出来ないと分かっているので、落ち込みません。

あくまで 《当時の私の信頼度とその結果》 なので。

そして、《ちょっと前の私を今の私は信頼出来る》 し、《今の私を未来の私は信頼出来る》 。

自己信頼って積み上げ方式じゃなくて上書き方式なんだ と気付きました。

自信ってコツコツコツコツ努力して。

自分で納得出来る結果だったり。

周りに認められるような成果を得られて身に着けるモノってイメージが強いですけれども。

そしてそうやって積み上げたものでも、次の結果次第でまた下がっちゃったり。

私は結構極端な思考のクセ(ゼロか100で間を認めたがらない)があるので、↑の思考のままだと、

3歩進んで2歩下がる。

場合によっては、2歩進んで3歩下がる。

永遠に自信を持ちようがない状態です。

なので、今回みたいな失敗をかますと途端に自分をダメな奴だと罵る声が出てきちゃうんですよ。

・・・・出てきちゃう筈だったんですが、今回、全く出てこなくて。

呆れはしましたが、「もう、しょうがないな、コイツ♪」 というカンジで、過去の自分を切り離している事に気付きまして。

で、上書き方式なんだ、と。

時間軸を横から見て、節目節目に印をつけて、輪切りにして。

その輪切りの1つ1つに、「信頼出来る」 「出来ない」 という判断を下していくカンジと言いましょうか。

今回のこの断捨離というか、物の管理能力に関しては、かなり分厚い「信頼出来ない」 輪切りが存在しているんですけれども。

直近の薄い輪切りの部分だけは信頼出来るという状態なんですが、その薄い部分で十分自己信頼が足りるもんなんだなぁって思った訳です。

勿論、色んな出来事に当てはめていくと単純に分けにくい場合もあると思います。

例えば、仕事やお稽古事などの大事な所で失敗してしまった時、そこに費やした時間を輪切りにして。

「失敗したからまだまだ足りない(信頼出来ない)」にするのか。

「これだけ頑張ったんだからその頑張りは認めよう(信頼出来る)」 にするのか。

その判断そのものは自分次第だと思います。

ただどう判断しても、この時間軸を輪切りにするという感覚があれば、いつでも上書き可能 だな、と。

そんな事を思ったのでした。


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪


ランキング参加中です♪
ポチして頂けると励みになります^^
ブログ村ランキング にほんブログ村ランキング♪

人気ブログランキング 人気ブログランキング♪

アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、ヒーラーとして活動中です♪

いつも、ポチ、いいね、拍手有り難うございます^^

| 断捨離 | 00:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |