【あなたの幸せがペットの幸せ*。☆】 Caramel 気取り

猫たちと石たちと♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アニマルコミュニケーション

アニマルコミュニケーションを勉強したい、と思ったのは、やはり 『真生の異食症を治したい』 という思いからでした。
そして、同じような悩みを抱えている飼い主さん、動物さんのお役に立ちたい、とも強く思いました。

何故そういった行為をしてしまうのか。

現在の獣医学では 《遺伝性か離乳時期の問題、或いは両方》 という風に説明される事が多いかと思います。
実際、それが原因という事もあると思います。

ウチの真生の場合、2ヶ月ぐらいの時に 川上さん に保護して頂いたという事で、出生から離乳時期までの正確な情報はありません。
ただ、真生の外見的特徴や保護された時の状況や状態から、恐らく、お家の中で離乳までしっかりお母さんの元で育ったコだろうという風に感じていました。

それならば、遺伝的な問題・・・?

その可能性もあります。
これも私たちの推測ですが、真生はエジプシャン・マウとMixのハーフではないかと思っています。
骨格、毛質、性質にかなりマウの特徴と酷似する部分が多いからです。

エジプシャン・マウというのは非常にデリケートなコが多いです。
環境の変化に強くはなく、ブログをやっていらっしゃる方のマウちゃんは多かれ少なかれ粗相の問題などが上がっている事が多いです。
・・・・・ウチもよくやられましたし、微妙に今でもその影響があります(^_^;)

ただ、異食症、ウールサッキングというと・・・マウの血が入っているから・・・というだけではないのでは・・・とも思えてしまって。

ACやヒーリングを習っている所でカウンセリングを受けた結果、1つ前の過去世の影響だったという事が分かりました。
・・・・過去世の影響、と言うと、信じる信じないという所から入らなければいけない感じなのですが。
私たちにはお話して頂いた真生の過去世がすんなり入ってきて、

「だから、今、こうなんだ」と腑に落ちました。

また、物を食べるという行為は、『訴えたい事を呑み込んでしまう』 という事の表れでもあります。
真生もそうですが、異物を食べてしまう動物さんには、何かしら 『訴えたい事』 があるのではないかと思います。

アニマルコミュニケーションをする事によって、それらの訴えたい事の、全てではなくても一片だけでも分かったならば、状況を改善していくきっかけになれるのでは・・・と。

私たちでは、正直、過去世に関してはまだまだ感じる事が難しいです。
でも、『訴えたい事』 をほんの少しでも感じ取る事ならば始められる。

今はそのように感じています。

朝日と東 3
元祖コミュニケーション男、東っち

私たちがACという道に進もうと思った時、迷わずにいられたのは、東の存在が大きいです。
ブログを開設時から読んで下さっている方はご存知かと思いますが、東は人間に対して心を閉ざしていたコでした。
と言っても懐かない訳ではなくて。
ウチに来た時は、「奏よりも!」 という意気込みで、いきなり部屋の真ん中で寛いでみたり、オモチャにもすぐ反応したり。
けれどやっぱり、生まれた時からのコンプレックスもあって、心からは私たちを信じられないでいたコで。
意地でも目を合わせなくて、しかも目の落ち着きの無さが尋常じゃなかったので、脳に病気があるかも?! とまで思いました。

とにかく話して話して。
そして信頼して貰って。
『話せば分かる』 を体現してくれたコです。
・・・・ACのアの字も知らなかった頃なのに(笑)。

その後、真生と出会い、六花と出会い、動物園と出会い。

キリくん
チーターのキリくん(2012年12月)。後ろ足を怪我していた頃

アニマルコミュニケーションと出会って、面白いカンジで繋がっているなぁと感じています。

因みに、ウチのアニマルコミュニケーションは、一般的なアニマルコミュニケーションであるテレパシーでのコミュニケーション(お世話になっている所ではハートコミュニケーションと呼んでいます)の他に、必ずオーラリーディングをします。
オーラをリーディングさせて頂く事によって、体の状態、感情、その動物さんの本来持っている性質などをより客観的に把握出来ます。
また、対面でセッションさせて頂ける場合は、実際の動物さんの反応をしっかり見る事を重要としています。

これはあくまでウチの代表の教えであって、殆どのコミュニケーターさんはテレパシーでのコミュニケーションをされています。
中にはきっぱり 「仕草とかそういうのは関係ないです」 と仰っている所もあります。
どちらが良い悪いというのではなく、それはクライアントさんやこれから学びたい方がご自分で選ぶ事だと思います。
私たちには此処の水が合ったという事で^^

因みに、ウチの代表、【Dr.高江洲のアニマルコミュニケーション】 という本を出している、現役獣医師です。
 

高江洲薫という名前ですが、男性です。
背も高いので結構迫力があります~

| プライベート♪ | 23:52 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/02/13 21:55 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/02/17 10:27 | |

◇ 鍵コメ様 ◇

初めまして!
コメント有難うございます!!

後程、ブログにコメントさせて頂きます☆

| ひの & たみ | 2013/02/20 20:08 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。