【あなたの幸せがペットの幸せ*。☆】 Caramel 気取り

猫たちと石たちと♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分軸

出勤時、まだまだ薄ダウンが手放せない八王子地方。
というコトで、こんばんは、ひのです^^

昨日、久々にフィギュアの事を書いたな~と。

・・・・・今季、忙し過ぎて GPシリーズとかちゃんと見れていなかったりする、ちょっとライトなスケオタ。

スケオタとしてはライトではあるかと思いますが、フィギュアスケートのテレビ観戦歴は結構長いんです。

カタリーナ・ビットの女王時代くらいからで、小学生の時に伊藤みどりさんの事を作文に書いたり。
(当時はまだみどりさんがショートカットの中学生でした)

でもって、丁度その後ぐらいから 光GENJI人気で、子供たちの間でローラースケート大流行!

ひの、そこそこ上手でした。
(バックで進めるくらいには)

でも、近所のコたちは殆ど皆上手だったので、全然自慢出来るレベルではなかったですけれども(笑)。

で、冬場に皆でスケートリンクに滑りにいったり。

そうすると、やっぱりリンクサイドで滑っている中では、みんなそこそこ上手で。

でも、センターでジャンプの練習している人の滑りは全然違くて。

あの人たちの邪魔しちゃいけないって雰囲気でした。

当時は女子はダブル、男子がトリプルの時代で、テレビだとそれが当たり前に出来てる選手が凄くて・・・みたいな感じでしたけれども。

間近で見たシングルジャンプの迫力は凄かったです。

というか、その前の助走の段階で、スケートも姿勢も全然違うし。

ジャンプが跳べるだけで本当に凄い!って子供心に思いました。

今でもあの時の迫力や感動を覚えています。


選手、特に今の選手にとっては、シングルやダブルのジャンプなんて、跳べて当たり前。

上を見れば凄い選手が沢山居る。

という状況を考えた時、「私今、どのジャンプが跳べるのかな?」って思ったんです。

あ、リアルにじゃないですよ・・・! ← 当たり前

スポーツの世界は、明確に自分がその世界ではどのくらいかって出ますよね。

フィギュアや新体操などでは技のレベルだったり、陸上競技ではタイムだったり。

それは逃げようもなく出る結果なので、それもそれで色んな思いがあると思うんですけれども。

スピリチュアルっていう、基準がない世界っていうのは、

「自分がどこに居るか、どのレベルなのか分からない」

っていう状況に陥ります。

・・・・私たちはアルケミストさんしか知らないですけれども、私たちを含め殆どの同期がここにハマって苦しんだと思います。
(仲の良い人達と話してると大体出てくる)

「謙虚であれ、黒子であれ」 と教わるので、過信しないように過信しないようにって自戒し過ぎるっていう。

勿論それは先生の教えがどうという事ではなく、生徒側のセルフイメージの問題なんですけれども。

今まで習ってきた事プラス自己啓発系の本を読んだりして、思考の訓練とかもしてきた事も含めて

「あ、ダブルは跳べてるかも」

って思ったんです。

上には上が沢山いらっしゃるだろうし、まだまだと思う部分もあるので、これからも磨いていかなきゃいけない所は沢山あります。

でも、やってない人から見たら案外凄いかもしれないなぁ、と。

・・・・何度も書いてますが、オーラが視える事は全然凄くないです。

でも、オーラを視て、色を視て、意味を出してっていうのが当たり前になるまで頑張った という事は、何かの技が出来るようになったとか、タイムが縮まったとか、そういった事と同じ事なのかな、と。

トリプルが跳べないから、世界と戦えないからダメだと思うのか。

取り敢えず試合を重ねて経験を積んで頑張ろうと思うのか。

どちらの考えを取るのかは自分次第だなぁ、と。

・・・・・あくまで例題的な話で、現役の選手だと話は変わりますけれども。

でも、何が出来る出来ないで悩んだり苦しんだりしたのなら、その頑張りには確かな価値があると思います。

それはもう、スポーツに限らず何でも。

世間的な存在価値というのも、大切ではあるかと思いますが。

やっぱり、自己価値を決めるのは自分でしかないんだな、と。

自分軸の大切さを感じています。

昨年のプリンスアイスワールドのまっちー
徹底した自分軸を持ってるな~と思うまっちー
(昨年のプリンスアイスワールドのふれあいタイム)

電撃引退、引退後のアイスショーでそのままフリーに使えそうな高度過ぎるプログラムを披露し。
更には、プレゼントは辞退という、自分を貫き通すまっちーは本当に色んな意味で凄いです。


同じくプリンスアイスワールドのこづくん
同じくブレないな・・・と感じる小塚くん

PIWでは、ファンの方との時間を大切に、丁寧に過ごしている姿が印象的でした。

こづくんの引退そのものは、衝撃は大きくはなかったですけれども。
(とっても残念ではありますが)

「氷上を去る」 にはかなりの衝撃が・・・・。

昨年、生のこづくんのスケートを間近で観られて本当に良かった。

素晴らしい選手たちを、テレビを通して応援出来た事。

アイスショーで素晴らしい演技を観させて頂いた事。

彼らと同じ時代に生きてないとこの体験って出来なかったんだよな~と思うと。

本当に、今この時代に生きていられて幸せだな、と改めて思ったのでした。


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪


ランキング参加中です☆
応援ポチして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 引き寄せの法則

人気ブログランキングへ♪

アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、ヒーラーとして活動中です♪

| 思考の現実化 | 23:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。