Caramel 気取り * オーラを輝かせて Happy ライフ♪

アニマルコミュニケーターと猫たちと石たちの日々。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「血尿というか、ほぼ血ですね・・・」 * 愛猫が病気になった時

こんばんは、石大好き石オタ、猫大好き猫オタの ひのです♪

久々に猫オタとつけてみましたが・・・・

タイトルにもあります通り、今朝、この方が・・・・

ゆったり奏きゅい
思いっ切り血尿・・・・(^-^;

たみがケハケハと奏が咳き込む音で目を覚まし。

4週間に1度くらいの割合で、水分を吐くので、いつものように床に降ろし、紙の上で吐かせるたみ。

しかし、今回、珍しく捕獲に1度失敗したのもあって、紙で全キャッチ出来ず。

その後、奏が妙に挙動不審になっているのを横目に、零れた部分の掃除をする私。

トイレに駆け込む奏。

奏のちっこが終わった後、たみが奏をケージへ。

吐いた所が終わった後、トイレ掃除をしようとして・・・・・ 遠目でもおからがピンク ・・・・!!

近付いたら、ほぼほぼ血じゃないの?! な部分まで。

奏は2010年の春にも膀胱炎で血尿を出した事があります。

が。

ちょっと血が混じるくらいで、治りも早かったです。

他にも六花が1度だけ血尿になった事がありますが、同じく軽度の膀胱炎で再発ナシ。

再発というか、なんか別次元な色合いに一気に眠気も去りました。

血尿だけでなく、トイレにも頻繁に入るようになってしまった為、ちょっとドキドキでしたが。

朝ごはんはペロリ。

お水もそこそこ。

これならカテーテルでの採尿も可能だろうと思い、膀胱に溜まるぐらいの時間を見計らって病院へ。

検査は尿検査とエコー。

尿検査というか、取れた尿を見せてもらった段階で、

(コレはまともな検査結果出ないわ・・・・)

と思いましたが、案の定。

「血尿というか、ほぼ血ですね・・・・」

潜血++以外まともな結果不明。

エコーの方は、膀胱と腎臓。

「膀胱の方はココに凹みがあるんですが、それが血尿の原因か・・・というとちょっと違う気がします。ただ、膀胱は通常綺麗に丸い形をしているので、腎臓の方に何か問題があるか、腫瘍という可能性も考えられなくはないです」

「腎臓の方はけっこうボコボコしている部分があって嚢胞かな・・・・と」

との説明でした。

今回、今年採用されたばかりの先生で、私たちも初めて担当して頂く先生で。

見立てが云々ではなく、飼い主にどう伝えるか迷っているような雰囲気がありました。

「嚢胞の方は、あるだろうと思ってました。兄弟の東もそうなので、遺伝性だと思います」

とお伝えしたら、表情やその後の説明の声などが随分変わっていました。


とても人気の病院というか、市内でもトップレベルの動物病院なんです。

県外から来られる方も沢山います。

つまり、ワンちゃん猫さんを大事にされている飼い主さんが多く訪れる病院でもある訳です。

で、大事にされるあまり、物凄く心配される方も多いのだろうと思います。

あまり心配させ過ぎてもいけない、かと言ってリスクを伝えないわけにはいかない・・・・という雰囲気が凄くあったんです。

でも、私たち、何を聞いてもその場で動じる事はほぼないので、その点で安心して頂けたんだと思います。

飼い主の不安は同居動物に直結です。

不安になればなる程、心配すればする程、悪化する可能性が高まります。

勿論、不安や心配を完全に取り除く事は出来ません。

でも、ずっと 「もしそうだったらどうしよう・・・」 と、その未来をより具体的に考えてしまうよりも。

今、何が出来るのか。

そこに焦点を当てる。

これは、アニマルコミュニケーションを学び、東から体感させてもらった事です。

七海の網膜変性症の時も。

東の軟部組織肉腫の時も。

「何で、七海なんだろう」

「何で、東なんだろう」

「何で、気付けなかったんだろう」

「たった2回の不活化ワクチンでどうして・・・・」

後悔したり、自分を責めたり。

代わってあげられたら良かったのにと思った事もありました。

でも。

今はもう、そういう事は思いません。


病気は誰の所為でもないです。

本人の所為でもないし、飼い主の所為でもない。

奏は奏の命を生きている。

私は私の命を生きている。


優しい方ほど自分を責められるかと思いますが、

「ママの所為じゃないよ!」

と動物さんは絶対訴えています。

そんな優しい方が、故意に病気を発生させるような悪質な行為や環境を作る訳ないですから。


それに、人間よりよほど、動物さんの方が、病気を引き受けやすいんです。

で、私は、ウチのコたちに私の病気を引き受けて欲しいとは思いません。

だから私も、彼らの病気を引き受けません。


彼らは彼らの命の中で精一杯生きてくれる。

私はそれを信じています。


奏の血尿の原因が何なのかは、明後日分かるかもしれませんし、もっと掛かるかもしれません。

取り敢えず、私たちに出来る事は、家の中のエネルギーを良い状態にしておく事。

そして、きっちりヒーリングする事。

ピンクのにくきゅう♪
先程撮ったんですが、随分、ピンクが濃いです・・・(^-^;

奏、お疲れさま!

よく頑張った! 偉かったよ♪


◆ 無料メールマガジン 《Precious Garden * 憩いのお便り》 ◆
↑ 登録はコチラから♪


◆ 肉球型オルゴナイトのプレゼント企画をやっています (=^・^=) ◆
詳しくは ↑ をクリック♪


ランキング参加中です☆
応援ポチして頂けると励みになります♪
ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキング♪


人気ブログランキング
人気ブログランキング♪



アメブロもたみが毎日更新中~♪
Precious Garden Blog
アニマルコミュニケーター、セラピストとして活動中です♪

| 健やかでいよう | 23:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT