【あなたの幸せがペットの幸せ*。☆】 Caramel 気取り

猫たちと石たちと♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お迎え5日目 (7月2日)

 見つめる奏の先には
 奏ちんの視線の先には

 扇風機と六花
 扇風機の蔭の六花
 新聞紙はコードをカバーしてます(^_^;) ← まだ誤魔化されてくれる月齢

 近くに行ったYo!
 お? 椅子から降りて近付いて行ったYo!

 近付いてきたYo!
 気付いた六花が奏に近付き・・・

 逃げたYo!
 六花のズンズン挨拶に脱兎の如く逃げる奏(笑)


 茶白さん達は猫部屋にて避難生活中。
 東と奏が猫部屋で寛ぎたい時だけ猫部屋をクローズしています(それでも六花に入られる事がありますが・・・ / 苦笑)。
 逆に六花を休ませたい時は寝室クローズにしたりしてある程度空気が繋がるようにしています。
 でも、最近は猫部屋クローズ中でも出たがって東がドアを開けて出てきたりしてます。

 この時は出たそうな雰囲気を察してドアを開けたら奏が飛び出してきました。
 真生との追い駆けっこを高みの見物で見守ったり。
 六花の使ったオモチャの匂いを嗅ぎに行ったり。
 そして、自ら六花に近付いて匂いチェック。

 当初のナーバスさからするともうちょっと掛かるかな? と思っていたんですが、結構良いカンジです^^


 さて、茶白(大)くんはというと・・・

 まったり東くん
 既に六花が居ても床に寝転がっています(笑)

 ゆったり東くん
 真生が相手してくれているのを 「今回、俺、楽だな~」 と余裕の表情で見守っています。

 偶に六花に絡まれた時だけパンチしてみたり、追い駆けっこに少し加わってみたりと気楽に接しています^^


 さて、甘噛みは出来るものの、若干(いや結構?)痛い六花。
 人の手足も噛んでくるのですが、そこそこ痛い(^_^;)

 というコトでとうとう真生の教育的指導が入るように。

 夜に始まった追い駆けっこ & バトルでは、六花が悲鳴を上げ、お耳ペッターン状態でも追い掛けて組伏せての大乱闘。
 とはいえ真生の方はバトルの最中に舐めてあげたりもしているので怒っている訳ではないのです。
 でも、珍しくしっかり噛んだりしているのでその度に 「キャーン」 と悲鳴が上がって最初はヒヤヒヤでした(^_^;)
 でも段々慣れてあまり気にしないように。
 真生を信じて、真生に任せます。

 そして教育されている六花の方はといえば、「ゆき、わるくないもん!」 と怯むことなく突っ込んでいくものだから、バトルがエンドレス・・・(^_^;)
 中々負けん気の強いコです(笑)。

 やりきりました
 お蔭で夜はぐっすりです^^

 猫同士の関係は猫同士で作るのが一番。
 多少悲鳴が上がっても、私たちは介入しません。

 ただ、これは東も奏も真生も相手に怪我をさせる事が無いと信じられるが故です。

 例えば遊んでいる最中にオモチャを取ろうとします。
 唸る程お気に入りのオモチャだとパンチも出てくるし、引っ張れば噛みつこうとしますが、咄嗟に力を抜いてくれます。
 少しの引っかき傷が出来たり、「痛い」 と感じる程度噛まれても流血沙汰にはなりません。
 なので受け入れ態勢に入った仔に怪我をさせる事がないと信じられます。

 ただ全てのにゃんこに当てはまる事ではないと思います。
 中には性格が良い仔でも一瞬我を忘れて興奮するような事もあったりするので、必要があれば止めに入る事も大事かもしれません。
 そういう時は割って入らず、全く関係の無い所で音を立てるなどして気を引いてあげて下さいね。

 ・・・・因みに、引こうとした訳ではなくうっかり音を立てて中断させた事は数回あります(笑)。


 オマケ
 まったり茶白組
 見守るちゃしろ~ず

 生活感バリバリなので畳みました(^_^;)



 トイレの話

 真生が六花を気にするのでスリムケージの一番下を開ける事にしたんですが。
 何故か真生は六花用の鉱物系の砂のトイレでしっこ。
 更には六花はスリムケージのトフカスでしっこ → うんP とするように。

 トフカスに移行したいとは思っていたんですが、自ら進んで入ってしてくれるとは思いませんでした(吃驚)。


| 六花のお迎え | 21:01 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

温かな視線。。。。

 東くん、温かな視線で見守っているのですネ
 一応、奏ちゃんは椅子の上でドキドキ・・(^^♪
 ま~くんの教育的指導☆いいですねぇ~~~六花ちゃんの後ろをトコトコ付いてまわって見守ってる姿を見れば、大丈夫なのわかりますっ!!
 ま~くんが居るから、安心して任せられますね
 仔猫の発する”キャーン”にはドキッとすることがあるけど、あれって・・きっとたいして痛く無くても発するのだと私も少し経ってからわかりました・・・笑 最初は心配して全身くまなく触ってあちこち調べたりしちゃいましたが、どこも血が出るほどの怪我をしていることなんて無かったです。
 ま~くん、良かったねぇ。。。。。妹、可愛いねぇ。。。面倒、宜しくお願いします<(_ _)>

| たかこ | 2010/07/05 13:26 | URL |

Re: 温かな視線。。。。

> たかこ様

東も奏も大分慣れてくれて一安心です^^
真生は本当によくやってくれていて・・・(嬉し涙)。

仔猫の「キャーン」、ビックリしますよね。
真生はそんなにそういう声を出さないコでしたが、六花は結構出します。
あ~このコ女優だ、と笑って見守ってます(笑)。
絶対六花に尻尾噛まれている真生の方が痛い筈ですもん。

今はまだ小さいので色々大変だと思いますが、「頑張り過ぎ無くて良いからね」 とフォローしながら見守っています。
六花が大きくなった頃には東と奏並みに強固な絆の兄妹になっていそうで楽しみです^^

| ひの & たみ | 2010/07/05 19:17 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。