【あなたの幸せがペットの幸せ*。☆】 Caramel 気取り

猫たちと石たちと♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TAMA ZOO 6

 今回はお母さんのマユさん特集です♪

 マユさん♪
 お顔も姿もとってもカッコ良い~!!   ※ クリックで大きくなります♪

 正面のお顔もステキ☆
 正面もステキ☆

 お母さんのマユさん、御年12歳。
 多摩動生まれで、今回の出産は4回目だそうです^^

 憧れのユキヒョウ、チビちゃんたちの可愛さもさることながら、マユさんがっても素敵で素敵で。
 太い四肢に、太い尻尾。
 尻尾にまでロゼットがあって。
 生で、動いているユキヒョウ、とっても美しかったです☆

 高所で草食みり中~
 高い所で草をはみはみ   ※ クリックで大きくなります♪

 高所でスリスリ☆
 今度は草にスリスリ~♪

 ユキヒョウの生息地はネパールやカシミール山脈など標高 600~ 6000メートルの針葉樹林や岩場だそうで。
 このユキヒョウ舎も園内の奥の高い所にあります。
 しかも、ユキヒョウ舎の中もかなり高低差があって、お母さんが登った所にはまだまだチビちゃんたちは登れません。

 生息数は 3500 ~ 7000頭と言われ、ワシントン条約では附属書1(本来はローマ数字)指定。
 IUCN では ENDANGERED (絶滅危惧種)に指定されています。

 生年月日、血統、病歴、繁殖歴などをコンピュータでデータ管理し、世界各国の動物園が協力し合って、種の保存に力を入れている 「ズーストック計画」の元、繁殖されている種の1つでもあります。

 Zoo Stock Plan により、東京の動物園では重複展示をしていないそうで。
 だから、多摩動に居るユキヒョウは上野には居ないし、上野動物園に居るベンガルヤマネコは多摩には居ないという事なんですね(納得)。

 入園料は大人で600円。
 それが種の存続にも使われていると思うと、もっと通いたいな~と思ってしまいました。

 勿論、単純に動物たちの写真を撮るのも楽しかったので、多摩は勿論、上野あたりにも行ってみたいな~なんて思っている今日この頃です^^

 マーキング直前(笑)
 ギャラリーの方にマーキングする直前(笑)

 草食みるマユさん♪
 此方は下の方で草はみはみマユさん♪


 チビちゃんたちも可愛いですが、成獣もホントに素敵でした☆


 ・・・・・それにしてもマユさん、草好き(笑)?
 はみはみしてる写真がいっぱいでビックリです~

| 動物たち | 23:36 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

精悍☆

マユ様・・・精悍☆☆☆
近くで見ると胸の毛もさもさで、尻尾も脚も立派!!!
威厳がありますね~~~
草が好き?草食じゃなくて肉食だと思うけど猫ちゃんと同じで胸やけがするのかなぁ・・・・・
すごく険しい高地で生き抜くために足腰が発達しているのでしょうネ。岩場だと爪がかからないから登るのも難しそう・・・・どうやって登るのかしら・・・・子供達もこれから少しづつお母さんに仕込まれるのかな。
ズーストックプランだと重複しないのですか!色々考えられているのですね。それに絶滅危惧種の種の保存をしてゆくためにあちこち手を伸ばすよりもしっかりとチームを作って頑張っておられるのでしょうね。
多摩動物園・・・行ってみたいです♪山の中にあると言うのもいいですね。動物たちも少しでも自然の香りを感じながら生活出来るし。入場料も600円だなんて・・・・遊園地からみたらずっとお安いのですね^^
マユ母さん、12歳ってことは・・・かなりの高齢?何歳くらいまで生きられるのかしら・・・・。
それにしても精悍なお顔!!目が上の方についているのは、岩陰から獲物を狙うためだといいますが、岩陰からこの鋭い眼で見つめられたら怖いでしょうね~
子供たちも今はまだあどけないですが、段々とユキヒョウらしく、ママの様に気高く立派なユキヒョウへと変身してゆくのかしら・・・(^^♪
頑張って元気でおおきくな~れ~!(^^)!

| たかこ | 2011/08/16 11:52 | URL |

◇ たかこ様 ◇

多分、胸やけとかが理由とは思います。
ネコ草が好きなコと嫌いなコが居るのと同じように、草が割と好きそうなカンジはしました^^

とっても器用に岩場を登っていて、その為に発達した体だな~という印象でした。
生きる場所に合わせての進化は長い年月の果てになされた姿だと思うと、ただただ凄いなぁと思います。

繁殖する為にはある程度の頭数が必要になるので、環境面に配慮して重複展示をしないと決めたんだそうです。
それだけ真剣に取り組んでいる = それだけ危機的な状況とも言えて、それを作った要因は人間にある訳ですけれども。
これからの世代の子供たちが、動物園に行く事によってそういう事を学んでくれて、「乱獲はしてはいけない」 と思ってくれるようになる事を祈ります。

自然界だとユキヒョウの生存年数は10年以上と書いてありました。
私たちもどのくらいの寿命かは知らないんですが、子供たちのお父さんは21歳だそうです。
なので、そのくらいまではチビちゃんたちも含め生きて欲しいと思います。

入場料600円は安いですよね。
今回調べて初めて知ったんですが、他の動物園もだいたいそのぐらいみたいです。
水族館とかはもう少し高いのでそのつもりでいたので、もうホントにビックリで。
これからはもう少し頻繁に山歩きも兼ねて行きたいと思います☆

| ひの & たみ | 2011/08/17 18:50 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。