FC2ブログ

【あなたの幸せがペットの幸せ*。☆】 Caramel 気取り

猫たちと石たちと♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

噛み傷、その後

 ご心配をお掛け致しましたm(__)m

 今日の午前中に、皮膚科に行ってきまして、飲み薬と軟膏を1つずつ計2種類の抗生物質を頂いて帰って参りました。

 噛まれた状況をお話して、
「それはわりと本気で噛んじゃってますね。猫ちゃんは唾液の中に雑菌が多いので、猫ひっかき病という病気もありますし、抗生物質を飲んで頂く事になりますね」
 とのコト。

 (噛んだコが)ワクチンを打っているかどうかなども訊かれて、お答えして。

「1週間から2週間、先ず1週間お出しして、その後も腫れが引かなかったらもう1週間という形にしましょうか」
 というコトになりました。

 初めて行った病院だったんですが、凄く優しい女医さんで良かったです^^

 因みに・・・

 イメージ 1
 こんな勢いで噛まれました(写真は、ひよこさんを噛んでいます)

 もう、顔がムーミンでほぼ本気。
 こっちが引かなくても六花が引っ張るので、結構痛かったです~
 ↑ 動物に噛まれた時は引くと傷が裂けたり引き千切られてしまう場合があるので、噛ませたまま動かない方が良いと聞いた事があります

 指だと分かっていればきっとこんなに噛まなかっただろうと思うだけに、頭の中真っ白でした(笑)。

 悪気はなかったんでち
 ゆきちは凶暴なコじゃないでちよ

 大丈夫、分かってるよ~。
 ちょっと御無体な所はあるけど(笑)、悪気が無かったのも分かってるし。


《猫ひっかき病》というのを初めて聞いたとコメントを頂きましたので、続きにそちらの話を少し載せました。
 ただ、ひのの噛まれた傷の写真もありますので苦手な方はご注意下さい。
(翌日以降の写真なので、流血写真ではありません~)


 先に 《猫ひっかき病》 について。

 この病気を知ったのは、動物病院に通い始めてすぐでした。
 病院で流れているVTR(?)にありまして、そちらでは腋の下のリンパが5cmくらい腫れあがっていました。
 ただ、その時は 『噛まれたりしたらそのぐらい腫れる事もある』 ぐらいにしか思ってませんでした。

 今回、噛まれた後、直ぐに流水で流して、消毒して、止血して様子を見ていました。
 その後、痕がどんどん腫れてきて。
 アレルギーとは違うし、内出血とも違う腫れ方になってきているのがちょっと気になって、念の為にネットで軽く調べました。


【猫ひっかき病 (バルトネラ症)】

 バルトネラ菌を持ったノミの吸血によって犬や猫に感染し、感染した犬・猫に咬まれたり引っ掛かれたりして感染する病気だそうです。
 犬・猫は無症状だそうです。

 症状は、前の記事にも書きましたが、噛まれてから数日~2週間後くらいから傷口が熱っぽくなったり腫れあがったりしてきます。
 その後更に、数日~数週間して、倦怠感を覚えたり、悪寒や発熱などの症状が出てくるようです。
 最初、風邪だと思う事も多いようです。
 その後、リンパ節が腫れてきます。
 手の場合は腋の下や首などが、足の場合は鼠径部が張ります。
 酷い時には数cmの大きさのしこりが出来て、だるさや悪寒、リンパの痛みなどかなり辛いようです。
 いくつか読んだ闘病記の中には毎日点滴に通った方などもいらっしゃいました。

 病院で抗生物質を出して頂いたりして様子を見ながら鎮静化していくのを待つようで。
 少しずつ緩和されて、2、3ヶ月後には完治するという感じでした。

 ただ、ここまでくるとダルさなどがハンパないカンジですので、症状が出る前に病院に行って抗生物質を頂いた方が安心かと思います。


 今回のひのの場合は、直ぐに腫れて、潜伏期間というカンジでもなかったので 《猫ひっかき病》 ではないのかな? というカンジですが。
 感染症に変わりは無さそうなので行ってきました。
 もしかしたら・・・って不安を抱いて、数週間過ごすよりも良いかな、と。

 お昼に頂いた薬を飲んだんですが、随分楽になりました^^





 さて、ここからは、今回の噛まれた傷の写真になりますので、苦手な方はご注意下さいませ。






 9月3日昼頃の状態
 9月3日、お昼頃の写真です。
 そんなに酷くは見えないですが、噛まれた付近が腫れています。

 9月5日昼頃の状態
 此方は今日の写真。赤みが引いてきて、腫れも少し引いています。

 9月3日のお昼の状態 2
 此方は9月3日の別角度です
 写真ではそうでもないですが、翌4日に線で囲った部分全体が大分赤く腫れました。

 噛まれた箇所に対して炎症の範囲が広かったので、念の為に病院に行った次第です。


 噛み傷がちょっと多いですが、1回離してくれたんです。
 しかし、直ぐさま再び喰らいつかれました(笑)。
 指ではなくオモチャ認識だったので 「よこすでち~!」 と・・・。← 六花にとって普通の遊び方です

 その後たみが出てきててんやわんや。

 何とか離して貰えた時には血だらけでした(^_^;)

 イメージ 2
 こんなキラキラな目でおねだりされると、つい絆されたり油断しがちですが(私たちが)。

 《猫ひっかき病》 は意外と侮れないので、皆様もくれぐれもお気をつけ下さいませ・・・!

| 健やかでいよう | 15:53 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

腫れてますっ!!!

お医者さんにいらしたのですね。良かった・・・・
だって・・・指の付け根から腫れています!!!傷は小さいのにそれだけ腫れるということは・・・心配です・・。
お薬が効いてくれると良いですが、しっかりお薬を飲んで軟膏を塗ってくださいね~

キョトンとしている六花ちゃん。そうだよね~ママの手だと思ったらそんなに噛まなかったもんね。六花ちゃんは悪く無いからママも怒っていないよー♪

ほんと!噛まれたら引っ張ると良く無いってわかっていても・・・あまりの痛さについ手を引いてしまうから傷が大きく深くなってしまうのですよね。昔・・・高校生の時に家のマルチーズに噛まれてしまって(ふざけて遊んでいたのですが)噛まれたときに手を引いたせいでかなりの傷と出血で近所の病院で縫ったんです!!父が可愛がっていたワンコだったので父に『飼い犬にそんなに噛まれるなんてお前が悪い!!!』ってすっごく怒られたのがなんだか不本意でよく覚えています。遊んでいたらだったのでチビ(マルチーズ)には怒らなかったですがなんだか帰ってきた父に母が状況を話した途端に私が怒鳴られてしまったことだけはすっごく覚えています(-"-)

これ以上ひどくならずに、腫れがひいてくれますように・・・。

今度からあの最中アイスの袋はすぐに外してゴミ箱に捨てて、中身だけ出してから食べないとだめですね~

あまり手を使わない方が良いですし、お風呂もシャワーのほうが・・・・。悪化しないように、くれぐれも気を付けてちょっとでもおかしかったらまたすぐにお医者さんにいらしてください。

| たかこ | 2011/09/05 16:33 | URL |

ほんとだ!!
めっちゃ腫れてますね。無事なほうの手と全然違いますねー(@@;)

私もアローちゃんによく足を思いっきりガジガジされ流血するんですが、足が太すぎて腫れてんだかどうなんだかわかりません(笑)

そんなことはどうでもいいとして、、
早く治るといいですね☆

| Y | 2011/09/05 16:43 | URL |

うわっ!すごい。。
骨折とか腱を痛めた時みたいな腫れ具合ではないですか。。
これはめちゃくちゃ痛かったでしょう(><)
「ママが痛がってるでち、、何かいけないことしちゃったかもでち。。」って
六花ちゃんも青ざめちゃったんですね。
やっぱ、そういうの、猫にもわかるんだなぁ・・・

更新は二の次で、どうぞお大事にしてください☆

| ひだまり | 2011/09/05 23:30 | URL | ≫ EDIT

痛そうですね(>_<)
でも、病院に行かれて良かったです。
六花ちゃん,悪気があった訳じゃないし仕方ないですよね。
遊ぶ時には気を付けて~

私も、昔、何度か噛まれて腫れ上がった事があります(^_^;)
噛まれた時に手を引かないようにしても、
本気で噛まれたら、かなり牙が刺さりますよねi-201
小さくても深い傷口をよく洗い流して消毒したけど、
翌日動かすのも辛いくらい腫れ上がって、すぐ病院に行きました。
《猫ひっかき病》ではないけど、
腫れたら傷が化膿してるから、すぐに病院に行く方がいいですね。

東くん、奏ちゃん、3歳のお誕生日おめでとう(*^。^*)

| yumiko | 2011/09/06 00:25 | URL | ≫ EDIT

けっこう腫れていましたねー(ノД`)
でもお薬が効いて、赤みも減りましたし、
このまま順調に回復すると良いですね!
噛まれたら引いてはいけないのですね。
病気の事もお勉強になりました。
お大事にしてくださいね。

| カノンゆかいママ | 2011/09/06 11:49 | URL |

◇ たかこ様 ◇

はい、行ってきました!
やっぱり傷に対して腫れが酷かったので、お薬頂いた方が早そうだと思いまして。

チビちゃんに縫う程噛まれてしまったんですね。
それはとっても痛そうです・・・。
お父様の言い分も分かりますが、そこは怒らず心配してもらいたい所ですよね。
でも、チビちゃんを怒らなかったのは凄いと思います。
お父様はその時にその状況を見てないですから、そこでワンコを叱ってしまうのは良くないですし。

以前お世話になっていた美容師さんで、そちらはにゃんこだったんですが、からかい過ぎて怒ったにゃんこが顔に飛びついちゃってぶら下がられた事があると仰っていて。
自分が悪かったのに、帰って来たお父さんが 「家から(にゃんこを)出せ」と激怒してしまった事があったそうで。
幸いそのコは後日許されて戻ってきたみたいなんですけれども。

なので、お父様は本当にチビちゃんを大切にされていたんだな・・・って感じました。
・・・・・でも、痛い思いをしているのはたかこさんですから、たかこさんにも怒らないで欲しかったとも思います(娘としてはダブルでショックですもの)。

ひのの方は完治まではもう少しかかりそうですが、大分良くなって参りました^^

| ひの & たみ | 2011/09/10 13:24 | URL |

◇ Y様 ◇

これだけ腫れたのは突き指以来だったり。
流血騒ぎは初めてではないんですが、こんな腫れたのは初めてでビックリでした。

足が太すぎるなんてないじゃないですか~!
ちゃんと見てますよ、浜辺でビキニでジャンプしてるお写真を・・・!
ナイスジャンプでした!! (今ココで言う?!)

噛まれたり引っ掛かれたりした時に、特に腫れたり、痛みが続いたりしなければ大丈夫だと思います。
ただ、変な痛みがあったり腫れた時は直ぐに受診して下さいませね~!

| ひの & たみ | 2011/09/10 16:54 | URL |

◇ ひだまり様 ◇

結構痛かったです~
腫れ方も、傷や痛みの割には酷くて。
曲げる時も痛みがあるにはあったんですが、
骨や神経が傷ついた感じはなかったので、
週明けまで様子を見ちゃったんですけれども。
こういう時は早めに病院に行った方が良いと学びました。

六花も、ちょっとして冷静になったら急にしょんぼりしちゃって。
「そこまでのコトじゃないから・・・!」
ってコッチが慌ててしまいました。
雰囲気とか表情が全然いつもと違ったんで・・・。
でも、今ではすっかり元通りで、相変わらず、
ビニール音(アイス以外も)大好きっコ健在です(笑)。

| ひの & たみ | 2011/09/10 16:59 | URL |

◇ yumiko様 ◇

お祝い&お見舞いコメント有り難うございます~!

yumikoさんも腫れ上がった事が・・・!
そうなんですよね、細くて鋭いので思いの外深く刺さっているんですよね。
「この傷で何でこんなに腫れるの?!」
とビックリでした。

遊びの時は気を抜かず。
それでも噛まれてしまった時は即病院、と今回実感しました。
これから気をつけます!

| ひの & たみ | 2011/09/10 19:28 | URL |

◇ カノンゆかいママ様 ◇

そうなんですよ~
みるみる腫れて 「えぇ?!」っとなりました。

噛まれた時に手を引くと物理的に傷が広がってしまったりするのと。
より相手が本気になって更に強く噛まれてしまったりする事もありますので。
特に相手がワンコの時は、絶対に引いたらダメです。
逆に押し込むような動きをするとビックリして離してくれる事も多いようですが(甘噛みのしつけなどで効果的だと読んだ事があります)、
今回は引っ張られていたのもあってそれどころじゃありませんでした(爆)。

普段噛むようなコじゃなくてもこういう事があるんだな、と。
良い勉強になりました。
無いに越した事はないですが、もしまたあった時はもう少し冷静に対処出来るように頑張ります!

| ひの & たみ | 2011/09/10 19:37 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT