【あなたの幸せがペットの幸せ*。☆】 Caramel 気取り

猫たちと石たちと♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3歳児検診

 東と奏も3歳を迎えたという事で、誕生日の翌日、9月7日に健康診断に行って参りました。

 問診、触診、血液検査、尿検査などをお願い致しました。

 ずっとお世話になっていたK先生が8月末でお辞めになってしまったようで、今回は指名せずにいたんですが、院長がいる日 & スタッフ数が減っている関係で、3時間くらいかかりました。

 今回担当して下さったのは昨年末か今年の初めに入られたS先生。
 とても丁寧な先生なんですが、ちょっと緊張されていたのか、東の爪切りで流血事件発生(^_^;)

 ・・・・と言っても先生が流血したのではなく、深爪で東の爪先から微量の出血があっただけなんですけれども。
 爪切りで東が 「シャーッ」 したのでおかしいな~とは思ったんですが、先生、ギリギリ狙い過ぎっす。
 でも、幸い出血もそんなでもなく、その日の夜はちょっと触られたくないようでしたが、翌日からは普通に触らせてくれたので良かったです☆

 体温を計ろうとしたらまたも 「シャーッ」。
 ・・・・これはいつものコトです(^_^;)
 ホントにお尻周りが苦手なコです・・・。

 触診、聴診などを終えた後、奏と交替し。

 奏も同じように診て頂いた後、血液検査・尿検査・肛門腺絞り、そして東のみマイクロチップをお願いしてお預け。
 結果が出るまで30分以上かかるとのコトなので、私たちだけ一旦外出して、通りを挟んだマックへGo。
 ・・・・お昼過ぎてお腹空いちゃったんです~(爆)
 30分ボーッと待っているのもなんですし、帰ってからご飯の支度をしてにゃんずを騒がしたり待たせちゃうのもアレかなという理由もあったんですけれども。

 期間限定のマックスターのセット(ひのはチーズ抜き)を食べて、30分経たずに病院へ戻って。
 検査結果が出るのにもう少し掛かるとの事で、先に東と奏を返して頂きました。

 血液検査、尿検査の結果は2にゃん共まずまず。
 東は少々脱水気味で色々数値が高めでしたが、その日の朝に限っていつもに比べて水分摂取量が減っていたので、それでこのぐらいなら良いかな、というカンジで。

 尿検査は、奏が若干潜血あり。
 ・・・・コレも前日夕方のお昼寝の最中にいきなり跳んで上段にぶつかったんです。
 怖い夢か、怖い音を聞いたかしたんだと思うんですが・・・(^_^;)
 ↑ 上で寝ていたひのと真生、その音と衝撃で跳び起きましたから(苦笑)

 幸い潜血は膀胱炎になる程の量でもなく、頻尿気味という事も全く無かったので、特に治療は無し。

 今現在は、pHコントロールを一切混ぜず、ケアフードメインにしているのですが、pHは6.5と良い状態で其方の結果にホッとしました☆

 東は初めての尿検査でしたが、問題ナシでホッ。
 マイクロチップも無事に入れて頂いて、コレで4にゃんとも装着済みとなりました☆

 まったりあず~
 まったり東

 へっちょりかな~
 魂が抜けていそうな奏(笑)

 3歳という節目で、血液検査も少し細かく診て頂きましたが、問題なくて良かったです^^
 2にゃんともお疲れ様~!!


 マイクロチップについては賛否両論があるかと思います。

 ワクチンの話 で触れた 《線維肉腫》 の要因となるという話もあり、症例も実際にあるそうです。
 体に針を刺すだけで起こり得る訳ですから、当然マイクロチップの装着にもそのリスクは伴うと思います。

 それでも万が一、何かの出来事ではぐれてしまった時に巡り合えるように。

 その想いで装着する事を決めました。

 実の所、大分迷った時期もあったんですけれども。
 決定打となったのは、アメリカの迷子猫さんの話でした。
 確かそのニュースの猫さんは、アメリカをほぼ横断してシェルターに収容され、マイクロチップが入っていた事によって飼い主さんが分かったという話でした。

 それ以外にも、オーストラリアでも海を越え、3800km もさまよった猫さんが3年の月日を経て無事に飼い主さんの元へ戻ったという話もありました。

 そういった話を受け。
 自分たちでどれだけ気を付けていても、どうにもならない事象ではぐれてしまう事の可能性を消す事は出来ないという考えの元、私たちは装着する事を決めました。

 でも、これはあくまで私たちの考えです。

 異物を体内に入れる事への抵抗があれば無理にする事ではないと思っています。
 線維肉腫のリスクも含め、入れる入れないは飼い主さんが決める事だと思っていますし。
 どちらの答えであっても尊重すべきものだと思っています。

| 病院 | 23:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

節目健診

東くんも奏ちゃんも異常が無くて良かった。。。。。
マイクロチップも入れたのですね☆
私もどうしようかと迷ったままで・・・来月、脱走癖のあるちゃあのワクチンの月なのでその時にちゃあには入れてもらおうと思っています。去年は迷っていて結局入れるタイミングを外してしまいました。
先生のお話では、私の住む市では保護されたり捕獲されたりした犬や猫は一か所に集められて、その時にマイクロチップに反応するゲートを通るとのことなんです。その時点で、マイクロチップが入っている仔はすぐに別のお部屋に移されて飼い主を探すそうなんです。
それにひのさんのおっしゃるように万が一、災害とかなにかで離れ離れになってしまった場合、一縷の望みでマイクロチップのお陰で見つかる場合があると思います。

あらっ・・東くん、お爪を深く切られ過ぎちゃったんですね~痛そう・・・・。新しい先生も真面目で丁寧な先生で良かったですね。(丁寧に深く切り過ぎ・・笑)
通院お疲れ様でした☆

| たかこ | 2011/09/12 13:40 | URL |

◇ たかこ様 ◇

はい、本当にホッとしました~!

マイクロチップは、私たちもかなり迷った時期があります。
リーダーによっては読み込めないと知った時は止めようかとも思いました。
でも、たかこさんのお住まいの市のようにゲートを通るような所があると知って、入れて良かったと改めて思いました。

新しい先生は、ちょっと飼い主の前で緊張しちゃうタイプなのかな? というカンジです。
でも、とても説明も丁寧で、良い先生です^^
爪切りに関しては、私たちは今まで失敗した事が無かったんです(かなりギリギリの時はありましたが / 笑)。
なので、逆に良い勉強になったというか。
東がシャーしちゃうくらい痛いんだという事も分かったので、今後の教訓にしたいと思います☆

| ひの & たみ | 2011/09/12 22:48 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。