【あなたの幸せがペットの幸せ*。☆】 Caramel 気取り

猫たちと石たちと♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久々に

 ごはんの話題です☆


 ラフィーネ プティ : ウサギ
 先日・・・2週間くらい前に食べてもらった ★アニモンダ【ラフィーネ プティ ウサギ】85g

 以前購入した限定缶に入っていたんですが、中身がウサギさんというコトで人間が微妙に躊躇して後回しにされておりました。

 でも、食べてもらう為にこうして商品になって手元に届いた訳ですから、やっぱりそこは食べないとバチが当たると言う物で。

 4猫ごはん
 こんなカンジで盛りました

 あ、真生のドライがやたら多いですが、w/d はカロリーが低い上に、メッチャ軽いので、同じグラムでも量が凄いです。
 ・・・・真生が一番量を食べているのは確かですが(笑)。
(ウェットはきっちり4等分です~)

 奏のお皿アップ
 ウェットは柔らかいパテです(写真は奏のお皿)

 にゃんずの反応は・・・

 ウェットからが基本です♪
 全然抵抗なく、いつも通りウェットから制覇していく奏

 早っ!
 既にウェットが無い(笑)

 東くんも早い!
 東もいつもより早かったです

 立ち食い!
 そして、ビックリだったのが、立ち食いの六花

 力んだしっぽ
 しっぽも力んで、ユラユラ揺れて

 こんな反応したのは初めてかも!

 流石、大好きなアニモンダです☆


 有り難い事に、ウチのコたちは、私たちの望み通り、好き嫌いの無いコに育ってくれました。
 ドライもウェットも、どんな形状でも OK ですし、メインが鶏でもターキーてもサーモンでもラムでも大丈夫。

 真生に多少アレルギーがあったり。
 奏がpHコントロールはあんまり好きじゃない、とかそういうのはありますが、出した物に手を付けなかったのは・・・・猫用ヨーグルトのみ。

 ドライも小粒が好きなコ、粒が大きめが好きなコ、砕けたカケラがダメなコと色々居て。

 ウェットに関しては、だいたい、パテが好きなコはチャンクが苦手、チャンクや塊が好きなコはパテが苦手というお話をよく目にしていて。
 食感の好みって、どちらかと言うとあるのが当たり前なんじゃないかと思うんです。

 そんな中で、ウチのコたちは何でも食べてくれるます。
 有り難いと思うのと同時に、これが 《ウチのコらしさ》の1つなのかな、という感じがしています。

 ・・・・盛る量が少なめなので、「ゼイタク言ってられない!」 というのが真実なのかもしれませんが・・・(笑)。


 そんなこんなで、アニモンダさんのウェットも大好評でした☆

| 猫ごはん | 23:13 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

う・・う・・うさぎ?

えっ・・・うさぎのお肉のご飯があるのですか^_^;
でもみんな美味しそうに食べていますね~
そうですね・・・人間だって、狩りをしてウサギを食べていた時代もあったのですし今でも国によっては食していますからアリなんでしょうね☆
六花ちゃん、とっても嬉しそうにたべてる!!いつもとちょっと違うってもの良いのでしょうし、味もお好みだったのね♪
好き嫌い無く、みんな何でもちゃんと食べてくれて偉いです!いつもどおり、少しづつ色々盛り合わせてあってとっても美味しそうですね!!!こうやってみんなが好き嫌い無く育ってくれたのは、ひのさんとたみさんの努力の結晶だわ~
うちでは、花子は一人っ子の時が長かったから我儘に育ててしまって(大反省)なんだかより好みが激しくて・・・汗・・・フンッって感じで見向きもしないときもありますし、見向きもしない時はそのまま出して置いても絶対食べないんです。
みんなのお食事風景が大好きです(*^^)v並んで元気に楽しそうに。。。。。
うさぎさんのご飯、無駄にならずに良かったですね。

| たかこ | 2011/10/03 10:05 | URL |

◇ たかこ様 ◇

そうなんです~
同じアニモンダさんのエキゾチックのシリーズだとカンガルーはまだ馴染み(?)があるんですが・・・。
バッファローとかダチョウとか見るとちょっと凄いと感じます(笑)。
別のメーカーさんには、ザリガニとかトナカイとかもありますし。

日本人だから馴染みが薄いというのもあるんですが、ちょっと躊躇しちゃうそうなカンジですよね。
カンガルーも見た時はビックリしたんですが、療法食を扱うお店などでカンガルーの生肉を推奨していたりされているのを見ると、自分たちが牛や豚を頂くのと変わらないのかな・・・とも思ったり。

でも、うさぎさんと暮らされている方には今回のウェットは厳しいかも・・です。

猫さんって味でも形でも結構好みがハッキリ分かれる事が多いように感じます。
だから、花子ちゃんの態度も決して珍しくないと思います。
というか、寧ろウチのコたちの方が珍しいと思います。
空腹は最大のスパイス、でしょか(笑)。

初めてのご飯はいつもドキドキです。
ドライだと数粒ずつ試食会をしますが、ウェットでは中々難しいので・・・。
↑ ウェットというだけでテンションが上がって、試食どころの騒ぎじゃなくなるという話も・・・(笑)

これからも色々なモノを食べられるコを継続出来るよう頑張ります☆

| ひの & たみ | 2011/10/06 21:50 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。