【あなたの幸せがペットの幸せ*。☆】 Caramel 気取り

猫たちと石たちと♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クリアー

 にゃいどるデュオ 《Struvite Girls》
 その名もストラバイトガールズ
 奏は1年以上活動してません!

 そうだね~。
 昨年4月に発覚した後、pHコントロールを切るまで時間は掛かったものの、再発はしていない奏。

 そして、今回発覚し、3週間の膀胱炎治療と並行して、pHコントロールで結晶撲滅作戦をしていた六花は・・・

 ストラバイトガールズ活動休止
 治療終了でち☆

 膀胱炎も治まり、結晶も消え、タンパクも殆ど出ていないとの事で、センターに送っての検査は必要なしとのお達しが・・・!

 pHは7.0と若干高めでしたが、大分お出掛け(というか病院)を嫌がったり、お昼近くの受診を思えば及第点。

 今後は、pHコントロールを減らしながらの定期的に尿検査をしつつ経過の観察となりました。

 pHコントロールを混ぜ始めて1週間、次の1週間は全量pHコントロールにしましたが、あっさり結晶がなくなってくれてホッ。

 2週間前に一時的に水分摂取量がガクンと減って。
 pHを混ぜても飲まなくてちょっと焦りましたが(pHコントロールには水分摂取を促す為にナトリウムが多めに添加されています)。
 それも4、5日でおさまって、従来通りお水も飲むようになって。
 ご飯も、若干嬉しさが減っている感はありましたが、嫌がる事も無く。
 毎日元気・元気に遊んでおります☆

 取り敢えず、ケアフードを混ぜ始めて、その後pH調整に配慮されているフードなども混ぜて、経過を診ていこうと思います。
 腎機能の方も問題無いようでホッとしました。

 というコトで、Struvite Girlsの再結成がなされないよう、頑張ります!

| 病院 | 23:44 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ごめんなさい、、デュオ名に笑ってしまいました。。
でも、蛋白がどうこうとか長期戦にならなくてよかった~^^
これからの時期、スノーホワイトな六花ちゃんの季節ですね♪

| ひだまり | 2011/11/18 08:34 | URL | ≫ EDIT

良かった!!!

六花ちゃん、大丈夫だったのですね・・・・良かったぁ(*^_^*)
二週間、ドキドキしていました。ちゃんと嫌がらないで療法食を食べてくれて、ほんとに良い子ですね☆
人間も猫ちゃんも内臓を悪くしてしまうと本当に長い時間かかってしまいますし、猫ちゃんの場合、治癒するための治療法が無くて、現状維持するくらいのことしか手当て出来ないのが現状なので・・・ほっとしました。
でも、そう悲観的なことばかりじゃなくて我が家の花子なんて腎不全の末期ですって言われたのが二年半前。それから毎日の投薬と療法食と週に一度の点滴(今は5日に一度ですが)で今もしっかり生きていますので発見と治療が早ければ本当にその現状維持をしながら病気と共存して、いままでどおりの生活も出来ます。
とはいえ、長い間の投薬も辛いですし通院は猫ちゃんにとって通院する事自体がストレスの元になってしまいますので早期に気づいて、療法食で頑張って六花ちゃんみたいに数値が落ち着いてくれるのが一番☆
ほんとに良かった(^。^)y-.。o○六花ちゃん、頑張って療法食を食べてくれてありがとうね。
ひのさん、たみさん、お疲れ様でした。良かったですね。。。

このまま、デュオの再結成がありませんように祈っています☆彡

| たかこ | 2011/11/18 10:52 | URL |

◇ ひだまり様 ◇

いえいえ、笑って頂けて嬉しいです☆

タンパクがどうこうじゃなかったのは、ホントにホッとしました。
可能性は低そうだけどゼロじゃないな・・・と思っていたので、
結果が出るまではドキドキでした。

寒さが本格的になってきて、スノーホワイトの季節到来です☆

| ひの & たみ | 2011/11/19 15:16 | URL |

◇ たかこ様 ◇

はい、お蔭さまで治療終了に漕ぎつけました~!
・・・とはいえ、pHがまだ高めなので、ご飯と生活にはまだまだ注意が必要ですけれども。
お薬が要らなくなったのと、他の異常が出てこなくてホッと致しました。

ストラバイトはともかく、他の臓器の病気になると、どうしても療法食やお薬とお付き合いしながら・・・となりますので、食事や生活のプランは変わってきましよね。
勿論、そういう事は遅かれ早かれ出る時は出ますし、その時にどうするかで未来は全く違ってきますし。
たかこさんの仰る通り、悲観的な事ばかりじゃないと思います。

花子ちゃん、末期との診断にも拘わらず、5日1度の点滴というのは凄いです。
現状維持に努めながら病気と共存して生活するという事の大切さ。
忘れずにいたいと思います。

ストラバイトに関しては、なるべくデュオの再結成と阻みつつ。
再発したとしても、焦らずに対処して完治させて・・・と落ち着いて対応したいと思います☆

| ひの & たみ | 2011/11/19 15:26 | URL |

六花ちゃん、病気の方は、ひとまず落ち着いたようで、よかったですね。
本当に、デュオの再結成がなされないことを、お祈りしています。

前回の記事の続きに関してですが、動画で見ると仕草までグラとそっくりで、ドキドキしながら見せていただきました。
小さい時の方が、似ていたのですね。

笑顔がイケてるお写真は、もうお目目の大きさに魅了されてしまって、グラなんて完敗!ですけど。

それにしても、小さい身体でベッドに挑むバイタリティーには、感服いたします。
ゴロゴロ言いながら悪さをするのも、六花ちゃんらしいと思いました(笑)。

サンズドルフィン族の遺伝的特徴を、よく知ってらっしゃるので驚きます。
うちは最初がうりで、マルルさんの初産の子だったので、どことも繋がってない感じで寂しかったのですが、グラのお母さん、アリーさんは、子沢山ですものね。しかも、ベンガルの中でも特に野性味が濃く残っている感じですから、激しい子が多いのかもしれません。

貴重な映像、画像を、ありがとうございました。

| R | 2011/11/19 20:20 | URL |

◇ R様 ◇

はい、お蔭さまで、膀胱炎・ストラバイト共に治療を終える事が出来ました。
デュオの再結成がされないよう頑張ります^^

小さい頃の六花、グラくんとそっくりですよね。
Rさんの所でお写真を見る度に、同じ頃の六花がそのまま居るような気持ちになる程です。
「動画で仕草までそっくり」 と仰って頂けて、「やっぱり・・・!」 と。
外見も似ているんですけれども、とにかく表情やポーズがそっくりだったので、動きも似てるだろうな~って思ってました。
近しい間柄とはいえ、ここまで似ているのは本当に珍しいですよね。

私たち・・・多分、気持ち悪いぐらい、今のサンズドルフィン・ベンガルズを知ってると思います(爆)。
六花を探している時にサンズドルフィンさんを知ったんですけれども。
おとにゃん、おかにゃん、こにゃん達、皆とっても魅力的で。
ブログでオーナーさん便りを見させて頂いている内に、「このコは誰と誰のコなんだろう?」と気になって過去ログと照らし合わせている内に、気付いたらマニアの領域に・・・(笑)。

気持ち悪い序でに、マルルちゃんはアリーさんと異父姉妹です。
なので、うりくんとグラくんは異母兄弟であり、従兄弟同士になります。
うりくんから見て、ウチの六花は従姉弟であり、叔母さんです^^
今のおかにゃんたちはマルルちゃんとアリーさんのお母さんであるローズさんの娘さんとお孫さんが多いので、意外と親戚が多かったりします。
でも、顔立ちだったり、骨格だったり、性格だったり、受け継がれている所が違っていたりしていて、奥深いというか。
血が繋がっていないコたちも含めて、サンズドルフィン・ベンガルズが大好きな私たちです☆

| ひの & たみ | 2011/11/20 19:16 | URL |

えぇぇぇぇぇー??マルルさんとアリーさんが異父姉妹ですか???
知りませんでした。
私も、一通りのことは調べたつもりでした。
マルルさんのお母さんがローズさんだということは、知っていました。
だから綺麗なんだなぁと、納得したのでした。
アリーさんは、既に可愛いお子たちを多数生み出したという実績があったので、その先祖まで関心が向いていませんでした。
知ってよかったです。
ありがとうございます。

そんなことを理解して他のお宅の猫さんたちを見ると、愛着もひとしおでしょうね。
夏に松山で、是非にとお願いしてタエちゃんに会わせていただいたのですが、小さくて、グリッターがキラキラで・・・・・・それ以降、さくらちゃんとさんご君の写真を見ると、他人と思えなくて(笑)
さんご君は、もしかしたらうちに来てたかもしれない子ですし。

あまり詳しくなってしまうと、できればプリちゃんの娘がほしいとか♪野望は限りなく・・・どんどん猫を増やしてしまいそうになります。

長くなってしまいました。

またお邪魔します。

| R | 2011/11/20 22:21 | URL |

◇ R様 ◇

アリーさん、ローズさんの初産の時のお嬢さんなんです。
仔猫の頃はドキンちゃん顔で、とっても可愛いです^^

タエちゃんと会われたんですか・・・!
タエちゃん、子育て上手で素敵なおかにゃんですよね^^
タエちゃんとマルルちゃん、お父さんも一緒の年齢違いの姉妹ですし、愛着一入ですよね。
さくらちゃんとさんごくんも顔立ちがそっくりで、目の色が違う所が素敵な兄妹ですよね☆

うりくんではなく、さんごくんだった可能性もあったんですね。
さんごくんがあんちゃんパパさんの元に行って、ブログで様子が分かるというのはより嬉しいですよね。

私たちは六花を迎える時、青い目の女のコを望んでいたので、アリーさんのリンクスガールに問い合わせさせて頂いたんです。
その後、ココナちゃんにもリンクスの女のコが産まれて。
おかにゃんのページで 「プリちゃん可愛い~!」 と思ったひのは一瞬揺れたんです。
でも、たみが 「キディちゃん♪」 と言ったので、六花一辺倒でお迎えに至ったんですけれども。
なので、「プリちゃんの・・・」 というお気持ち、分かります(笑)。

私たちも松山で会わせて頂いたベンガルズにはより愛着が湧いてます。
マルルちゃんにも会わせて頂いているので、うりくんの姿が見られて凄く嬉しいです^^

うりくん、グラくんは勿論、Mix飼いとしてみょさんも大好きです。
コメント出来ない時も多くて申し訳ないんですけれども、いつも楽しみにお邪魔させて頂いてます。
これからもどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

| ひの & たみ | 2011/11/21 16:33 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT